初心者だけどバンドやりたいトップ

フリーソフトの記事

てきとーシーケンサの調子がどうも悪く、というより私のパソコンの問題?とにかく演奏させるとリズムがバラバラになってしまうという事態になってしまいました。


デモ音源を作らなくてはいけなかったので、リズムマシン(ドラムマシン)代わりになるフリーソフトを探してみたら、Hydrogenというのを見つけました。これがなかなか使いやすい!簡単だし作業性も良いです。


Hydrogenのダウンロードページ


英語のページなんでちょっとわかりづらいですが、ソフト自体はインストールの際に言語として日本語を選べます。(あまり日本語化されてませんけど・・・まあ使う分にはそう難しいことはないです。)ちなみに、ダウンロードのリンクはこの部分です。




使い方としては、だいたい画面を見れば直感的にわかるとは思いますが、一応こちらの画像を見て参考にしてください。(クリックで拡大します)

基本的には、一小節ずつのドラムパターンを下半分の画面で作り、作ったパターンを上半分のところに配置していくという格好で作業をすすめます。


関連:デモ音源作りや宅録に~お手軽シーケンサーフリーソフト




バンドに関するお役立ち記事一覧
サイトトップへ戻る

お手軽シーケンサーフリーソフトの「TSQ(てきとーシーケンサ)」を紹介します。


私のバンドはオリジナル曲を演奏するバンドで、私も作曲を担当しますから簡易的なデモ音源を作る作業が発生します。ギターの弾き語りで済ませてしまう事もありますが、仕掛けのある曲などの場合簡単な自宅録音(宅録)をしてデモ音源を作る場合もあります。


デモ音源の宅録はMTRを使うのですが、問題はドラムの録音です。私の腕前だと電子ドラムを叩くのは一苦労なのです。失敗して録り直しを繰り返していたら日が暮れちゃいます。そこでリズムマシンやシーケンサーを使いたいのですが、安いリズムマシンは操作が大変でそれこそ日が暮れます。シーケンサーは難しいので腰が重いです。


そこで、私のような技術も知識もない人間にも簡単につかえるシーケンサー、しかもタダで使えるフリーソフトのヤツはないもんか!…あるんです。


てきとーシーケンサ


といいます。この素晴らしいソフトを作ってくれた作者さんに多大なる感謝と大きな拍手!


操作方法は超簡単です。五線譜にバー状(?)の音符を入力していくだけです。

てきとーシーケンサ

ドラム・パーカッション関連もこんな具合、同様に入力できます。

てきとーシーケンサリズム入力

ひと通り完成したら、簡単に試聴することもできます。後はてきとーシーケンサで作った伴奏に合わせてギターや歌を入れて簡単にデモ音源完成です。


簡易的なデモ音源はこうして簡単に作れますが、てきとーシーケンサには曲の途中でテンポや強弱を変更する機能など、使いそうな機能はひと通り備わっているので時間をかければそれなりに本格的な自宅録音も楽しめます。


ドラム+ピアノをてきとーシーケンサで作成、自分の演奏を多重録音

ドラム+ピアノ+オルガン+ベースをてきとーシーケンサで作成+自分の演奏を多重録音


私の腕ではこんなもんですが、デモ音源としてはじゅうぶんじゃないでしょうか。逆に言えば私ですらこのくらいできるんですから、てきとーシーケンサのポテンシャルはなかなか素晴らしいものがあると思いますよ。


関連:ドラムマシン(リズムマシン)フリーソフト Hydrogen




バンドに関するお役立ち記事一覧
サイトトップへ戻る

いよいよ録音が終わりCDの完成までの工程です。


これまでの作業で音が全てMTRの中に入りました。この音の音量や音質を調整して完成形を作り、それをパソコンでwavファイルとして録音します。ウチのバンドで使っている機材は前述の通り古いですから、パソコンのライン入力にケーブルでMTRを繋いで原始的に録音しています。(最近の機械や最初からPCで行う場合は、wavファイルの出力もラクだと思います。)


録音関係のフリーソフトも数多くあります。自分の使いやすいものを使うといいと思います。MTR上の音作りで完成形を作ってからの録音ですから、ソフトは必ずしも多機能である必要はないです。

録音はwavとmp3両方でできるものが便利ですね。音質のいいwavはCD焼き用として、ファイルの小さいmp3はネットやメールで音源を配信する場合に便利ですから、バンドサイトでの試聴用、ライブハウスへの応募などに便利に使えます。

参考:Vector:ダウンロード録音・再生
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/sound/

また、録音したwavファイルのタグ(曲名、アーティスト情報など)を編集するにはSuperTagEditorというソフトを使います。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se139061.html


そうして作った音楽ファイルをCD-Rに焼いて音楽CDを作れば、プレスしたCDと違ってハッタリは効きませんが(笑)とりあえず自前レコーディングは完了です。自分たちでゼロから創り上げたCDが出来上がるというのはなかなか感慨深いものがあります。


おまけ:
オンデマンド印刷でハッタリの効いたCDジャケットづくり

(専門用語が出てきますから、チンプンカンプンな人は無視してください)

せっかくなのでCDジャケットも作ってしまいましょう。用紙を買ってきてカラープリンタで作ってしまえば簡単ですが、お金がかかってもプロっぽいものが欲しい人はオンデマンド印刷店に頼むとかなり本格的に見えるものができます。

オンデマンド印刷は少ない枚数でも比較的安価に作成してもらえます。しかし基本的にデータ入稿しなくてはいけませんから、adobeのIllustratorでのデータ作成ができないと難しいと思います。

入稿の際にはこのような条件でファイル作成すれば無難です。
・Illustrator8.0互換形式のaiかepsファイル
・CMYKカラーで作成
・画像ファイルは600dpi程度のものを埋め込み(リンクじゃない方が無難)
・文字のアウトラインを必ず取る
・印刷寸法を合わせる
・切れてしまって困るオブジェクトは断裁ラインの内側3ミリ以内に収める
・断ち切りの塗り部分は断裁ラインの外3ミリ以上余裕を持って作成
・面付けがある場合はお店の指示に従う

断裁を自前でやってしまえばより安価です。きちんと面付けをした上で定形寸法の用紙にただ印刷だけしてもらって、自分たちでカッターで切ればいいのです。グロスコート紙などちょっといい感じの紙に印刷してもらえば、これだけでもそれなりにハッタリの効いたジャケットができます。


オンデマンド印刷のお店は、東京のお店しか利用したことがなくて紹介できなくて申し訳ないのですが、東京リスマチックがなかなか良かったです。お店の人も親切に相談に乗ってくれますし、料金も明朗会計です。

最近ではこのようなオンデマンド印刷店も多いですから、東京以外の人も探してみてください。お店のサイトで料金が明朗なところがオススメです。こっちが素人なのをいいことに料金をふっかけられる心配がないですからね。


おまけ2:
自前レコーディングのサンプル

ここまでウチのバンドが旧式の機材を使って自前でレコーディングした方法を説明してきました。素人が手作りで録音した音源というのがどの程度のものなのか、参考に1曲の1部分だけ聴いてください。(恥ずかしいのでフルコーラスはご勘弁!)

演奏がヘタだとかそういうのは置いといて、ここまで説明した工程でこの程度のクオリティの音源が作成できました。素人が安価に作った割にはソコソコだとは思いますが、その辺の評価は皆様に委ねます。

これを聴いて「やってみたい」と思った方はぜひこれまでの記事を参考にして自前レコーディングに挑戦してみてくださいね。

カテゴリ「自前レコーディング」の記事
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成! ←この記事です。




サイトトップへ戻る

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。






・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】

場所を取らない電子ドラムです。ペダルを2個つければ簡易的なドラム練習マシンとして使えます。

希望する職種