初心者だけどバンドやりたいトップ

ライブに関するよくある質問・疑問

バンドでライブをやるという事は。初心者バンド、ライブ経験のないバンド、またこれからバンドを組もうという人にとっては目標であると同時にちょっと敷居が高いものです。不安が多いですよね。

そこで今回はライブに関するよくある質問・疑問をまとめてみました。


Q.そもそもライブってどうやって出るの?
ライブハウスにメールや電話でエントリーします。音源審査がある場合はメールや封書で練習を録音したものでいいので送付します。出演OKとなったら店側との日程の調整をして当日行くだけです。


Q.お金はいくらかかるの?
ライブハウスや出演形態にもよりますけど、最も一般的なブッキングライブの場合30,000~40,000円くらいが相場でしょうか。

そのお金でチケットを買い取り、全部定価で売れればタダという事になります。ノルマ枚数以上売ったらその一部又は全部がバンドの利益になります。…が、基本的に素人バンドの場合よっぽどの人気バンドじゃない限り赤字の持ち出しでやるのが普通です。


Q.チケットノルマって?
上の項目の費用は、チケット代です。例えば1,500円のチケット20枚を30,000円で買い取り、この20枚(30,000円)をチケットノルマと言うんです。完売(無料であげた分も含む)で20人動員、あるいは20人を越える動員があればベストですが、それに満たない場合も特にペナルティはありません。売れなかった分をバンドで負担するという事だけです。

しかしあまりに動員が少ないとライブハウス側はあまりいい顔をしません。厳しいライブハウスだと次から出してもらえなくなっちゃうかも?その辺は打ち合わせや説明の時によく聞いておきましょう。どちらにしてもライブをやるんであれば内輪でいいのでなるべくたくさん動員するよう努力するのが基本です。


Q.お金がないんですけど!
安くライブに出る方法も探せばあります。こちらのページにまとめてあります。
http://bandbigginer.boo.jp/archives/446


Q.初心者バンドでもライブに出れるの?
ライブハウスによっては敷居が低い店もありますから、お店の人にストレートに聞いてしまうのが手っ取り早いです。それに演奏技術がマズイと出演NGという店の場合は、必ず練習などを録音した音源を送っての音源審査があります。

また、ライブハウスのサイトを見ると初心者歓迎と書いてある場合も多いです。最近は特に初心者歓迎を謳っている店が増えてきた印象があります。


Q.コピーバンドでもライブに出れるの?
出れます。こちらも初心者の場合と同じでコピーバンド歓迎を謳っている店も多いです。企画として「コピーバンド大会」みたいなものを実施している店もあります。

また、むしろコピーバンド優先の店もあったりします。多分、コピーバンドなら何をコピーしているかがわかれば店の色に合うかどうか店側が判断しやすいからだと思います。


Q.ライブの時、何を持っていくといいの?
普段の練習の時と同じく楽器はもちろんですが、それにくわえてメモ用紙(機材のセッティングをメモる)、ステージドリンク(ペットボトルの水など、ボーカルの人用)、スネアドラム、ペダル(ドラムの人)を持って行きましょう。特にドラムの人は、ライブでは自前のスネアとペダルが原則必要です。(店で借りる事もできますが、前もって頼んでおかないとだめ)


Q.リハーサルって何分くらいできるの?
店によりますけど、15~20分くらいでしょうかね。説明の段階で聞いてもいいですし、リハ中に「あと何分ですか?」と聞けば教えてくれます。ちなみにリハは音質、音量、バランスの調整が目的なので曲フルコーラスやる必要はないです。1コーラス程度で止めるのが普通です。


Q.ライブでこれをやったらダメっていう事は?
遅刻すっぽかしは言うに及ばず、機材を壊す恐れのある行為(機材に足を掛ける、暴れてぶつかる)、ステージを汚す行為(ものを撒き散らす、喫煙する)などは大目玉ですね(笑)。それをやっても許されるのは超人気バンドだけです。


Q.盛り上がるの?
それはみなさんのバンド次第ですが、内輪の友だちを客席に招くようにしておいて、サクラじゃないですが前もって手拍子や掛け声など、盛り上げるように根回しして頼んでおくのが現実的ですよ。お客さんもライブを観る経験が少ない場合、自動的に盛り上がるというのは相当なパフォーマンスが必要です。

それから、非常にお寒い事になる事もあります。こればっかりは仕方ないです。それも経験のうちですから乗り越えて行きましょう。お寒い事になる一番の原因は、バンドがおどおどしてしまう事です。ヘタだろうが、堂々と「ヘタで悪いか!これが個性じゃ!」くらいの気持ちで、たとえ空回りしても思いっきりやる事がいいライブをやるコツです。
(でも、お客さんはお金を払って見に来ているという事だけは忘れないで…)




関連記事:
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブの出る方法
変わり種ライブ
初心者バンドが知らないライブの準備・トラブル対策
ライブでのステージアクション
ライブMC

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種