初心者だけどバンドやりたいトップ

ベースの人が用意するもの

何は無くとも必要なもの
ベースギターチューナーシールド(アンプとの接続ケーブル)予備の弦、が必要です。ベースは指で弾く人もいますがそうでなければピックも必要です

ベースギター本体は後で説明します。まずはチューニング(調弦)に使うチューナーです。

BOSSのTUシリーズは定番でお勧めです。写真のTU-12(クロマチック・チューナー=半音上げ下げにも対応)はギター、ベースの切り替えスイッチや半音・一音下げやギターのオープンチューニングにも対応していてお勧めです。針がアナログのものとデジタル(ランプ式)のものがありますが、個人的にはアナログタイプをお勧めします。また、ベースのヘッドにクリップして使えるコンパクトなものもあります。シールドを繋ぐ必要もないのでライブ中でもチューニングできます。

シールドはあまり安いものを買うとすぐに断線してしまって結局安物買いのなんとやらになってしまうかも。カナレというメーカーのものが高品質で価格もまずまず手頃でお勧めです(3メートルで1500円くらい?)。突然の断線やトラブルに備えて複数本買って持ち歩きたいところです。


も予備を持っておきましょう。ベースは弦が太いので切れにくいですが、万一ライブや練習の途中で切れたら大変です。ベースギターケースに一組は入れておきたいですね。値段は一組500円くらいから2,000円以上などピンキリです。太さ、聞いてみた音の感じなど好きな弦を見つけてください。


ピックは指弾き派の人には不要ですが、そうでなければこちらも複数枚用意しておかないといけません。本当にピックって奴だけはしょっちゅうなくなります(笑)。ティアドロップ(写真左)とオニギリ(写真右)の2タイプが一般的です。

ベースの場合は弦の反動が強いので持つところの大きいオニギリを使う人が多いですが、ティアドロップの方が弾きやすいのであればオニギリにこだわる必要はありません。


あるといいもの
ベースを肩からかけるストラップ、ストラップの抜け落ちを防ぐストラップピンはそれほど高くないので買っておくと良いです。


またベースアンプは家で弾く分には大きくても30ワット程度までの安価で低出力なものでじゅうぶんです。いい音で家で弾きたいなら高価なものもいいですが、せっかく持っていても近所迷惑で思い切り鳴らせませんから。ちなみにギターアンプに繋いでも家での練習には十分です。


ベースの音を加工するエフェクタの類はまずは使わずに、演奏するうちに必要性を感じたら買う事を検討してみてください。まずはエフェクタなしでいい音を目指すのがお勧めです。


ベース本体
いよいよベースギター本体のお話です。選択のポイントは見た目がカッコいいものを最優先で選ぶのが良いです。好きなベーシストの使っているものに似ているものなど。

カッコいいベースには何よりも愛着が湧きますし多少弾きづらくてもカッコ良ければ我慢できますから。手の方をカッコいいベースに合わせるのです。

価格は中古を漁れば数千円から、上を見たらキリがないほど超高額なものまで色々です。初心者が最初に買う場合、30,000~50,000円ほどのもので十分です。そりゃあ、高ければ高いほどいいものが手に入りますけど、そんなお金をポンと簡単に出せる人はこんなページを見てベースを選ぶ必要はないですもんね(笑)。



付録:定番のベース プチカタログ

フェンダー・ジャズベース (Fender Jazz Bass)

フェンダー・プレシジョンベース (Fender precision bass)

定番中の定番がこの2つです。カッコいいですねぇ。音の違いは、ジャズベースの方が音質調整の幅が広いので色々な音楽に対応でき、プレシジョンベースは低音が強いのが特徴です。

また、プレシジョンベースはネックがガッツリしてるので初心者には少し弾きづらいかもしれませんが、前に書いた通りカッコいいと思えば我慢です。頑丈というメリットもありますし。ジャズベースはネックが薄くて弾きやすいです。ちなみに、50,000円台など比較的手頃な価格のモデルもあります。


リッケンバッカー4001 (Rickenbacker4001)

これを”定番”に入れるのは実はちょっと違和感があります。音が個性的すぎるからです。アタック(出だしの音)が強くブイブイと異様な存在感のあるサウンドです。しかし、世界的なベーシストのポール・マッカートニーが使った事で以降現在まで多くのベーシストに広まっています。カッコいいですからねぇ。

音は個性的、弾きやすいとはとても言えない暴れん坊ですが、このカッコ良さは捨てがたいですよね。価格は180,000円くらいですかね。中古を漁ればもっと安く買えるかも?


ミュージックマン・スティングレイ (MUSICMAN StingRay)

これもカッコいいですねぇ。150,000円以上くらいのモデルが一般的ですが、けっこうバリエーションが出ているようなので安価なものも出回っているようです。中古を漁ればかなり手頃なものも見つかりそうです。

個性的なルックスは文句なしで、音づくりも慣れてくると幅広くセッティングできて楽しいと聞きます。1990年あたりからレッド・ホット・チリ・ペッパーズが大ブレイクして、その個性派ベーシストのフリーによって人気が相当高まったという印象があります。


ベースを買おうにもお金がない!、でもカッコいいのが欲しい…。そんな人には廉価版の楽器があります。フェンダーのものはトーカイ山野楽器のスクワイアというブランド(メーカー)のものが無難です。

リッケンバッカーはフェルナンデス(通称フェルケンバッカー)、ギブソン系はエピフォンのものが比較的高品質です。ミュージックマン系にも廉価ブランドがあるので調べてみてください。


(以下余談)
廉価版を使っているとバカにされるんじゃ?…いやいや、バカにする人は勝手に言わせとけばいいんです。スクワイアを使っている人に「そんなのジャズベースじゃない!」みたいな事をいいたい輩はどこにでもいるものですが、奏でる音には人間性が出るものです。偉そうに他人の楽器をバカにするような人に限って、全然聴いてて楽しくないロクでもない演奏しかできないものです。

使用楽器やテクニックは音楽の良し悪しには直結するものではありません。楽しくやっている音楽が最高で、これは動かしがたい定理です。忘れないでください。




「ライブin自分ち」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種