初心者だけどバンドやりたいトップ

中古ギター・ベースの選び方

中古ギターの選び方、簡単な目利きの仕方について説明します。


ギターやベースを買うにも欲しいものをポンポン買えるほどお金持ちの人は別として、そうでない普通の人は中古での購入を検討してみるのも手です。しかしながら、ギターやベースは微妙でデリケートな楽器ですから”ハズレ”を掴まされてしまう恐れがちょっとあります。

初心者の段階では無難に新品を買うのが無難ですが、中古ギター・ベースの状態を見極めるために覚えておいて損のない事柄がいくつかありますのでぜひ参考にしてください。


【ネックの反り】
ギターやベースのネックは非常に強い張力の弦を支えますからどうしても反る(曲がる)ものです。中古ギターの反りを判断するには、ネックを上か下から覗き込んでみます。

こうすればわずかな反りも見えやすくなります。というより正面から見ても少しの反りは見えません。ちょっとの反りなら、トラスロッド(ギターのネックに入っている鉄芯)をレンチで回してやることによって矯正できますが、トラスロッドが限界まで回りきっている状態の楽器は矯正不能です。

反りがあまりにひどい場合はいくら安くても購入は控えた方がいいと思いますが、ディタッチャブルネック(ネックの脱着可能なタイプ)の楽器であれば、ネック購入代金との総額を考えても安いのであれば話は別です。(実はそんなケースは稀なんですけどね…)


【フレットの減り】
弦でこすれることによるフレットの減りもギターやベースにとっては避けられない事です。減りがひどいものだと正面から見ただけでもひと目でわかるくらいヘコんで見えます。そこまでの状態の楽器は少ないですが、フレット打ち直しは大変な費用がかかるので注意しましょう。


【配線関係】
接触不良でノイズが出たり、最悪音が出なかったりという場合もありますから、試奏できるなら必ずさせてもらいましょう。その際、全てのコントロールノブを回転させる、ピックアップセレクターも全位置に合わせてみるというチェックが必要です。

接触不良はジャック部分やスイッチ部分に接点復活剤を吹きつける事で復活する場合もありますが、それは店で確認するのは困難ですね。


【ペグの状態】
試奏で5分くらい粘って演奏してみましょう。ペグの状態がひどい場合、チューニングが狂ってきます。しかし試奏で粘ると店員さんは決して喜びませんからうまいこと顔色を伺ってみてください。


【鳴り】
これは楽器の状態もさることながら、好みの音かという部分もチェックポイントですね。試奏してみないとわかりません。なるべくクリアに近い音で鳴らすとギターの本質的な鳴りがわかりやすいですから、試奏でガッツリ歪ませてしまうのは考えものです。


というように、試奏によって見えてくる部分が大きいですね。ですから中古購入はリサイクルショップやネットショッピングではなくて楽器店でするのが安心ですね。手にとって弾いてみない事にはわからない事が多すぎると言い換えてもいいです。


ネットショッピングやオークションで買う場合は、販売者・出品者が楽器に詳しくて状態について詳細な写真や解説がついているものから選びたいですね。そういう商品の場合、初心者の目利きよりもむしろ安心かもしれないですね。


あとは価格との兼ね合いという事になります。種々の問題のリスクを考えても安い、買って失敗してもそれほど痛くないなんていう掘り出し物価格の場合はとりあえず買ってみてもいいかもしれませんね。




バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種