初心者だけどバンドやりたいトップ

ギター・ベースの各部の名称

ギターやベースの各部の名称を覚えてしまいましょう。楽器店の人とか音楽仲間と話をする時に話が通じやすくなるとか、通っぽくなるというメリットがあります。画像はギターのものですが、ベースでも名称は共通です。


ギター各部の名称


1.ヘッド
ペグのついたこの部分です。ちなみにモデルによってはストリングガイド(弦をナットからストリングガイドを通してペグに差し込む)がついているものもあります。


2.ペグ
弦巻きです。回転させてチューニングを合わせます。


3.ナット
上駒(うわごま)とも言います。溝が切ってあるのでそこに弦を乗せて通します。


4.フレット
フレットとフレットの間を押さえます。


5.ポジションマーク
3,5,7,9,12,15,17,19,21フレットのところについている印です。


6.指板(フィンガーボード)
フレットが打ってある部分の表面です。


7.カッタウェイ
厳密には楽器の部位ではなくて、その横の形状によってえぐれた格好になっている空間の事です。ハイポジョションを押さえやすくする役割です。ちなみにカッタウェイを形作っている部分は”ツノ”と呼んだりします。


8.ブリッジ
下駒(したごま)とも言います。


9.サウンドホール
ソリッドギターやソリッドベースにはありません。中が空洞や半空洞のタイプには開いています。アコースティックギターの場合は、弦の真下の丸い穴がサウンドホールです。写真のギターのサウンドホールはfの形をしているので”fホール”って言います。


10.ネック
指板が乗っかっているギターの腕部分をネックと言います。フェンダー系などの脱着自在なものは”ディタッチャブルネック”、本体と一体型なものは”スルーネック”と言います。


11.ピックガード
演奏でピックが当たってボディに傷が入るのを軽減するカバーです。


12.ピックアップ
弦の音を拾うマイクのようなものです。写真のように2個ある場合、ヘッドに近い方を”フロントピックアップ”、ブリッジに近い方を”リアピックアップ”と言います。


13.ピックアップセレクター
フロントとリア、どちらのピックアップで音を拾うかを選択するスイッチです。スイッチを真ん中にすると両方で拾ってミックスされた音が出ます。(ハーフトーン)


14.ボリュームコントロールノブ
各ピックアップの音量を調整するツマミです。


15.トーンコントロールノブ
各ピックアップの音質(トーン)を調整するツマミです。


16.ジャック
シールドを差し込む穴です。


17.ストラップピン
ストラップを取り付ける部分です。2個あります。写真のギターは裏側にもう1個ありますから1個しか写っていません。






バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種