初心者だけどバンドやりたいトップ

ドラムの人が用意するもの

ドラムの人だからと言っていきなりドラムスセットを揃える必要はありません。そもそも家で叩いたら日本の住宅事情では大抵の場合近所から苦情が来て大変なことになることでしょう。音だけではなくて図体もデカイのでワンルームに住んでいる場合は生活できなくなります(笑)。



何は無くとも必要なもの
まずとりあえずはスティック(600円くらいから)、チューニングキー(400円くらい)を買えばOKです。スティックは使っていると折れる消耗品、予備も必要なので2組以上買いましょう。チューニングキーはスキン(ドラムの皮)の張り具合を調節する道具です。レンチのようなものです。



ライブするのに必要なもの
ライブに出るとなると、スネアドラム(小太鼓)、ペダルがあるといいです(練習スタジオでは基本的にタダで借りられますからご安心を)。ライブハウスで借りられる場合もありますけど、基本的にはスネアとペダルは自分で用意するというのが普通です。借りるにしても会場でいきなり借りるんでなく、前もって誰かに借りたものを持っていくようにします。

スネアドラムの選び方
楽しいスネア選びですけど、結論から言うと見た目がカッコいいものを選びましょう。好きなドラマーが使っているものに近いものを選ぶとか、現物を見てビビっときたものとか。

スペック面は【口径14インチ、深さ5~5.5インチ以上】というのが無難です。深さの浅い(薄い)ピッコロというタイプのものも割と一般的ですが、オーソドックスなのは5インチ以上です。

価格は定価30,000円くらいからのもので入門用として十分ですが、高いものを買えばそれだけの音の良さや頑丈さが手に入ります。お財布と相談してみてください。

そう言われてもわからない…?のであればラディックというメーカーのものが人気、デザイン性、性能を兼ね備えていると言われています。Ludwig LM400というモデルは定番のお約束です(4万円くらいから、中古を漁れば20,000円くらいのもあるかも?)。



ペダルの選び方
価格は3,000円くらいからありますが、6,000円~10,000円くらいのもので十分でしょう。足で操作してバスドラムを叩く(踏むという言い方をします)という普段の人間の動きにない事をする道具ですから、踏み心地の微妙な具合、踏みやすさ、踏みにくさは個人差があります。お店で試してみて踏み比べて選びましょう。



あるといいな!なもの
カウベルやタンバリンなどのパーカッションは、ハイハットの軸に取り付けて使えるものがあります。パーカッションはピンキリですが2,000~3,000円程度のものでも十分です。



シンバルも個性がありますから、自分の出したい音とスタジオやライブ会場備え付けのシンバルの音にギャップが出てきたら買う事を検討してみましょう。割とよく見かけるのがチャイナシンバルという独特の音を出すシンバルを持参してくる人です。「ハーッ!」みたいな面白い音が出ます。



また、家で練習するのに電子ドラムセット(本物のドラムスセットと同じくらい大きなものでヘッドフォンで音を聴けるので家でも叩けます)が買えればいいのですが、超高いですし、特殊なケースを除いてはライブなどでは使えませんからあまりオススメしません

しかしポータブル電子ドラムなら話は別です。人気モデルはYAMAHA-DD65という機種(25,000円くらい)で、フットペダルが2個ついているのでテーブルと椅子があれば家でかなりドラムっぽい体験ができます。練習にも十分使えるレベルです。

DD65は人気モデルなのでなかなか安い中古も出まわりませんが、型落ちのDD55や、他メーカーのものでもペダルが繋げるタイプのものならヤフオクなど中古を漁れば10,000円しないで買えたりします。エアドラムで練習なんていうのも味気なくて寂しいものです。しかし家で叩ける電子ドラムが1台あると楽しいですよね。




関連記事:
ドラム初心者におすすめの曲
ドラム超初心者講座

「ライブin自分ち」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種