初心者だけどバンドやりたいトップ

初心者バンドが知らないライブの準備・トラブル対策

初心者バンドで初ライブとなりました。さて当日は楽器を持ってライブハウスへ行って演奏すればOK…ではあるんですが、意外と誰も教えてくれない事があるんです。

バンド演奏にハプニングはつきものです。ホンのちょっとした事ばかりですが、前もって知っておくとトラブルを未然に防止する事ができますよ。


【シールド抜け対策】
演奏中にギターやベースからシールドが抜けてしまったら最悪です。当然音が出なくなりますし、PA機材やアンプを破損してしまう恐れもあります。

それを防止するためには、シールドはストラップに通してから楽器に接続するようにしましょう。こうすれば万一シールドを踏んでしまったり、他のメンバーに引っ掛けてしまったりしてもそう簡単には抜ける事はありません。

これは普段のスタジオ練習から習慣にしてしまいましょう。メンバーでシールドをストラップに通していない人がいたら教えてあげましょうね。


【ステージドリンク】
ボーカルの人は特に、ヴォルヴィックみたいなペットボトルの水を用意しておくのが普通です。いや、別に水じゃなくてもコーラだろうがお茶だろうが好きな飲み物でいいんですけどね。ステージ上は照明や機材の熱で想像以上に暑いものです。


【ピックの予備】
演奏中にピックを飛ばしてしまうなんていう事はよくある事です。ギターやベースの人は予備のピックを何枚か用意しておきましょう。

ポケットに入れておいてもいいですし、私の知り合いは楽器の目立たないところに小さい両面テープを貼って、そこにピックをつけています。

また、ライブハウスによってはマイクスタンドにピックホルダーがついている場合があるので、その場合ギターやベースを弾きながら歌う人は利用しましょう。ちなみに、ピックホルダーを使うとライブ終了後にピックを回収し忘れて帰ってしまうという事がありがちです。今までそれで何十枚なくしたかわかりません(笑)。

予備と言えば、ドラムの人もスティックの予備は余裕を持って何本か用意しておきましょうね。


【譜面・カンペ作成上の注意】
曲順表などを紙に書いて足元に置いたり、フォーク系など座って演奏するグループの場合は譜面台を使って譜面を見ながら演奏する場合もあるでしょう。

その場合笑い話みたいですけど、照明の色が赤に変わった瞬間赤い字が見えなくなるなんていう困った現象があります。バカバカしくてこんなの誰も教えてくれませんよね(笑)。カンペや譜面は白い紙に黒で書きましょう


【音量・音質調整のメモ】
ギターやベースの人は特に、リハの時はメモ紙と書くものをポケットに忍ばせておきましょう。アンプのセッティング(ツマミの位置)をメモするためです。

せっかくリハで納得する音を作ってPAさんにバランス調整もしてもらったのに、本番でリハ通りのセッティングをできなかったら残念ですからね。エフェクタを使う人はエフェクタのツマミ位置も控えておきましょう。


【チューニングが狂う】
ギターやベースのペグはむき出しですから、演奏中に他のメンバーやスタンドなどにぶつかってチューニングが狂うなんていうトラブルもたまにあります。

曲の途中で直すというのは厳しいので、その曲の間は狂った弦をなるべく使わないように頑張るくらいしかやりようがないのですが、とりあえず曲間になったら速やかにチューニングを直せるよう準備しておきましょう。

あらかじめチューナーを足元につないでおくのも手ですが、音質や配線のスッキリ具合を考えるとなるべくシールド本数は少なくしたいところです。ですから、楽器のヘッドにクリップするタイプのチューナーを用意しておくと便利です。

ライブの流れを止めてしまわないよう、手早く直せるよう普段から練習しておくと良いですね。




バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種