初心者だけどバンドやりたいトップ

ギターエフェクタについて

ギターのエフェクタについてのお話です。


ロックバンドのギタリストのほとんどがエフェクタを使っています。ということはボクもワタシも使わないといけないの?…別にそんな事はないです

それはひとまず置いといて、とりあえずエフェクタについて勉強してみましょう。プチ・エフェクタ講座です。


【歪み系エフェクタ】

まずは歪み(ひずみ)系エフェクトの発祥からお話します。本来ギターアンプのセッティングはクリアできれいな音を出すようにするのが当たり前でした。ゲインやトレブルを強く調整しすぎると音がビリビリと歪んでしまい、荒っぽくて汚い音になってしまうからです。

しかしその歪んだ音がカッコイイと気づいてしまった進んだギタリストがいたんですねえ。ロックの歴史の1ページです。それ以来、アンプ自体に歪みを掛けるオーバードライブ機能を持たせたものも作られて、その歪み具合や音色もアンプによって個性が強まっていったわけです。

さらに、アンプを問わずいつでも自分の好みの歪みを再現できるように、持ち運びできるエフェクタというものが開発されたんです。(詳細はわかりませんが、だいたいこんな具合のお話が歪み系エフェクタの発祥です。)それでは続いて、歪み系エフェクタの紹介をします。


【オーバードライブ】(オーヴァードライブ)
歪み系エフェクタの代表選手で、アンプで歪ませたものに近いナチュラルでキメ細かい歪みが特徴です。代表的な機種は一昔前はBOSSのTorbo Overdriveだったんですけど、最近ではBOSS Overdrive(ボス・オーバードライブ・OD-3)、コレが定番です。ブルーズからヘヴィメタルまでオールマイティに使えます。粘りがありヌケがいい反面、低音がややこもる印象がありますが、迷ったらOD-3で問題ありません。



【ディストーション】
ディストーションとオーバードライブの違いは、オーバードライブが「ジャー」ならディストーションは「ギャー」です。より荒っぽくて激しい歪みという印象です。機械っぽいとも感じられますね。傾向として、オーバードライブよりも歪みがキツイ分音がツブれやすく、通りにくくなりやすいです。ヘヴィメタルに向いていると思います。定番機種はこちらもBOSSDistortion(ボス・ディストーション・DS-1)で、コレなら間違いないという感じですね。しかしオーバードライブよりもクセのある機種が多いので試奏してから買うといいです。



【ファズ】
キツイ歪み+濁りや強烈なビリビリ感を出すエフェクタです。強くかけるとほとんど音がツブれてしまうほどですが、それも上等!という心意気で使うのがファズです。オーバードライブやディストーションよりも数段高価です。



【空間系エフェクタ】

ホールのような空間で演奏した時の響きなどの効果を人工的に作るのが空間系エフェクタです。かなり目立つ効果で、うまく使えばとてもキレイだったり面白い効果が得られる反面、むやみに使うと下品になりがちで少し使いこなしが難しいとも言えますね。

それぞれの空間系エフェクタの説明をします。


【コーラス】
同時に何人かで同じ事を弾いているような透き通った音色を生み出すエフェクタです。アンプにも内蔵されている場合があります。奥行き感のある音というよりは横向きに広がりを感じられる効果(?)です。ごく浅く掛けるとちょっと洗練されたギターサウンドが簡単に作れるというメリットがあります。しかし代償としてちょっとパンチがなくなります。



【リバーブ】(リヴァーブ)
お風呂やカラオケマイクみたいな響いた音を作るエフェクタです。アンプに内蔵されている場合も多いです。バンドで合わせて演奏した場合あまり効果がわかりづらい場合があるのですが、だからと言って強く掛けるとカッコ悪いと、なかなか調整に難儀しますね。



【フランジャー】
コーラスの強化版で、微妙に遅れた音を出して元音との干渉で「ジョワーン」という効果を出すエフェクタです。ちなみにコーラスの強化版ですから、コーラスでも強くかけるとフランジ効果は少しでます。要はフランジャーは効果が強烈なんです。使う場面は限定されますけど、なかなか面白い音だと思います。



【ディレイ】
元の音に続いて遅れて音が入るという効果を生むエフェクタです。遅れ具合も調整でき、ちょっと遅れだと音が重なっててんやわんやな効果があり、いっぱい遅れだとガ・ガ・ガ…という感じになります。Guns ‘n’ RosesのWelcome To The Jungleのイントロのギターリフがとてもわかりやすいディレイの例です。



【その他エフェクタ】

【ボリュームペダル】
踏むと音が大きくなり、戻すと小さくなります。厳密には「エフェクタ」ではないですね。


【ワウペダル】
ボリュームペダルが音量の調整をするのに対し、ワウペダルはトーンを調整します。その調整の幅は極端に広いので、踏みながら演奏すると「わうわう」とか「わくちょこわくちょこ」みたいな面白いサウンドが出ます。定番モデルはCryBaby(クライペイビー)です。



追記:「Ibanez WD7 WEEPING DEMON WAH」というワウを買ったところ、これが素晴らしかったので紹介ページをひとつ割いて解説しちゃいました。超おすすめです。
Ibanez WD-7(ワウペダル)の紹介ページ


代表的なエフェクタはだいたいこんなところですが、最初に戻ってエフェクタは必須アイテムなのか?というお話です。

答えは最初にも書きましたが「ノー」です。特に初心者の場合は必要を感じた場合に購入を検討すればいいです。無理に使おうとする必要はないです。自分の出したい音をアンプだけで出せればエフェクタを使う必要はないです。プロのギタリストでもエフェクタを使わない人はいます。

また、エフェクタは繋げば繋ぐほど効果を付与する代わりに音質を少し悪くしてしまうものです。繋ぐためにはシールドを余計に噛ませるわけですから当たり前ですね。


ただ、私だってエフェクタ否定派というわけではないんですよ。

アンプを問わずいつも簡単にお気に入りの音を作り出せるという効果もありますし、ライブ会場の備え付けアンプと自分とのの相性が悪い場合に補正するのがラクという点など、メリットも数えきれないほどあります。

それにちょっと変わったエフェクタを繋いで面白い音を出して楽しむためというのだって立派なエフェクタを使う理由として成立します。


ですから、エフェクタは必須ではないけど楽しんだりラクをしたりする道具としてとても便利という位置づけで考えておけばOKです。


最後に、お財布にやさしいエフェクタを作っている良心的なメーカーを紹介します。それはBEHRINGER(ベリンガー)です。

オーバードライブなどの定番タイプからオクターバーやコンプレッサーなどまでひと通り揃っていて、圧倒的に安いです。そして音もそれなりに良く、対費用効果としては他メーカーのものを十分凌駕していると思います。

ちょっと変わったエフェクタを試してみたいなんていう人はまず、ベリンガーのものを買ってみると良いと思いますよ!


そうそう、エフェクタのつなくぐ順番ですが、とりあえずワウ → 歪み → 空間の順と覚えておいてください。色々試していい音が鳴るつなぎ方をするというのが何よりの正解なんですが、とりあえず基本としては前述の順番という事になっています。




関連記事:
ギターエフェクタの効果を試聴
Ibanez WD-7(ワウペダル)の紹介ページ
スタジオ練習でした~Ibanez WD7の使用レポート

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種