初心者だけどバンドやりたいトップ

長続きするバンド、そうでないバンド

バンドを組むよりも実は長続きさせる方が大変だったりします。

活動を継続させる原動力は楽しさです。そして活動継続の障害になるのはバンド活動に伴う面倒さです。楽しさ>面倒さというバランスが崩れた時、バンドの継続が困難になるんですよね。


バンド活動の楽しさは人ぞれぞれでしょうが、スタジオワークにしてもライブにしてもやるべき事がある状態が楽しさを生みます。言い換えれば目標がある状態という事です。

特に素人バンドの場合は活動に全く義務はありませんから、そこは自分たちで意図的にやっていく必要があります。ですから新しい曲にどんどん取り組むとか、ライブに積極的に出るとか、意識的に活動を活発にするよう心がけると良いです。


対してバンド活動に伴う面倒さ、負担というのは、人間関係スタジオ練習についていくための個人練習といったところが大きいです。

人間関係については、突き詰めれば気のあった仲間とバンドを組むという事になるのですが、例えばメンバーが5人いたとしたら5人全員とバッチリ気があうなんて事はそうないでしょう。その辺は普通の学校や会社での社会生活と同じです。

ですからリーダー、発起人を中心にお互いの気持ちや都合を尊重しあって活動する事です。


私の社会人バンドでの経験から例をあげると、経理の仕事をしているメンバーは毎年決算期に仕事が多忙になるのでその時期は少し活動ペースを落とすとか、その周辺ではライブは控えるといった配慮をしていました。

また結婚しているメンバーの場合(特に子供がいる場合)は家庭生活のウエイトが独身者の想像以上に大きいですから、あまり無理に引っ張り回してしまうのも考えものですね。


また、メンバー各自の個人練習も取れる時間は人それぞれです。ですからあるメンバーにとって、別のメンバーがスタジオ練習の準備不足だという風に感じる事もあります。当然「オレはこれだけ準備してきたのに!」という感情も湧いてきますが、そこは各人の都合がありますからなるべく配慮してあげましょう。

逆に自分自身がついていけていないと感じる事もあるでしょう。そういった場合は自分が今後ついていくため、仕事や私生活にあまりに大きな負担があるようであればメンバーに相談してみると良いと思います。


こういった問題を解消するには一にも二にも、日頃から何でも言い合える雰囲気を作っておくことに尽きます。問題があればすぐに話し合ってその都度解決のための落とし所を模索していくんです。


活動ペースのゆるめのバンドであれば、こういった問題はそう大きくならないので大丈夫ですが、ある程度ハードに活動しようと思えばどうしてもこういう障害はついて回ります。

どうしてもその落とし所が見つからないのであれば、突き放す言い方ですがそのバンドの活動にはそもそも無理があったという事になります。

ですからメンバー募集、バンド結成の段でそれぞれの活動ペースが近いメンバー同士で組んだバンドは長く続きますし、ギャップがある場合は継続していくのは難しいです。特に素人バンドの場合、音楽性云々よりこっちの方がバンド継続については大きい要素なんです。




バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種