初心者だけどバンドやりたいトップ

バンド初心者におすすめの曲

今回はバンド初心者におすすめの曲を14曲紹介します。

Q&Aサイトを見るとバンド初心者おすすめの曲って何ですか?なんていう質問をよく見かけます。私なんかは演奏はヘタですが素人バンド活動に関してはベテランで、そういう立場で本音を言うと正直「一概に言えない」「好きな曲をやればいい」「簡単な曲っていうけど、音楽ってそんな奥の浅いもんじゃない!」なんて思う事も確かです。

でも、自分がバンド活動初心者だった頃を思い返せば簡単そうな曲を知りたい、そういう曲の中から選んでレパートリーを増やしたいっていう気持ちもよくわかるんですよね。

そんなわけで今回はテクニカルな演奏ができなくてもなんとか演奏できそう演奏する事によって楽しく上達できそうという観点で、初心者おすすめ曲を探してみました。

※筆者はオッサンなので古い曲が多いですが、それなりに有名曲から探しましたのでCDやバンド・スコアはどうにか入手できると思います。(スコアを買う前にとりあえず耳コピーからチャレンジしてみましょうね。)


服部(ユニコーン)収録アルバム「服部」
(参考:http://youtu.be/dhfZlfZl7LU)※ライブ

ドラムはずっと頭打ちの”ハットリズム”、ギターとベースはずっとリフでごりごり、ボーカルとコーラスは楽しく元気よくという具合で、曲自体とてもカッコいいですからライブでやっても盛り上がりやすい曲です。

ギターソロは速いフレーズも出てこない上に、非常に完成度の高い典型的ペンタトニック・スケールのプレイとなっていますから、一旦CDと同じに弾いてコピーしてみましょう。このフレーズを自分のものにして、そこから崩していけば憧れのアドリブ・ソロはもう目の前です。
バンドスコア ユニコーン/服部


Helter Skelter(The Beatles)収録アルバム「The Beatles」
(参考:http://youtu.be/QWuXmfgXVxY
ビートルズ流のハードロックです。それといってテクニカルな部分はありません。イントロのギターリフは1弦7フレット+2弦5フレットから一気にスライドで下げた後、1弦は開放のまま2弦が3→2→1と下がりながら16分音符で刻み続けます。サビのリフは初心者の人は苦労するかも?弦を移動しながらのオルタネイト・ピッキング(上下上下と交互にピッキングすること)ですが、いい練習になりますね。私は何十年か前(笑)、この曲でこの奏法をマスターしました。

The Beatles – Helter Skelter サビのリフ

ベースは基本的にルート弾きですが、時々オクターブ上の音を入れるセンスのいいプレイです。ぜひマネしてみてください。これも汎用性の高い小技ですから自分のものにしましょうね。ギター、ベースは16分で刻むところは全部ダウン・ピッキングで弾きましょう。疲れますが、この曲は流れるように弾くのではなくガガガガガと弾くのがポイントです。

ボーカルはキーが高くて早口ですから大変です。一旦カタカナに聴いた通り書きだして歌えばいいです。ネイティブに聴かれた場合だけは恥ずかしいですけどね。
バンドスコア ザ・ビートルズ


Paranoid(Black Sabbath)収録アルバム「paranoid」
(参考:http://youtu.be/1jdAwXV7eVM
おじさんの若い頃はバンド初心者向けの曲と言えばコレというお約束でした。ギターの人がリフをひとつ覚えればそれだけでほとんどOKですね。
バンド・スコア ブラック・サバス・ベスト【リニューアル版】


Born To Be Wild(The Cult)収録アルバム「Electric」
(参考:http://youtu.be/Ig67A8p02QQ
この曲はステッペン・ウルフのオリジナルが超有名ですが、初心者コピーバンド向けなのはテンポがゆっくりなカルトのカバーバージョンです。カルトについてはいずれ別の記事で触れようと思いますが、この曲が収録されている「Electric」というCDはロックバンドのお手本みたいな演奏が満載です。ロックバンドプレイヤーに超おすすめアルバムです。
ザ・カルト/エレクトリック (バンド・スコア)


You Really Got Me(The Kinks)収録アルバム「The Kinks」
(参考;http://youtu.be/dk3Ei_yoI4c
これも超有名曲ですね。知らないっていう人でも聴けば「ああアレね」となる事でしょう。ミドルテンポで演奏しやすいと思います。ものすごいカッコイイ曲なので、ライブでやれば鉄板で盛り上がります。

問題はギターソロです。ギタリストのデイヴ・デイヴィスは変態天才ギタリストなので変態プレイです。巧くコピーする必要はひとっつもありません。あんな感じでキレキレで演奏しましょう。いや、あんな感じで演奏できる人がいたらウチのバンドに入って欲しいです。
バンドスコア キンクスベスト (バンド・スコア)


This Was My Life(Megadeth)収録アルバム「Countdown to Extinction」
(参考:http://youtu.be/_FDbjCScRxI
初心者向けというにはちょっとハードルが高いかも?でも、メタルバンドの曲としてはかなり簡単な方です。ゆっくりな曲ですから、初心者でも練習を重ねればそれなりに形になりそうという意味でピックアップしてみました。


Ivy Ivy Ivy(Primal Scream)収録アルバム「Primal Scream」
アルバムごとに全くやってる事の違うつかみどころのないプライマル・スクリームですけど、ロックンロール・アルバム「Primal Scream」に収録のこの曲はストレートなロックンロールです。初心者バンドでも勢いで押し切ってしまいましょう。カッコイイ曲ですから、楽しいし盛り上がりますよ。


Blitzkrieg Bop(The Ramones)収録アルバム「Ramones Mania」
ニューヨーク・パンクの定番中の定番です。パンクバンドでもクラッシュやダムドはけっこう難しいです。でもラモーンズは本人たち自体が下手くそなので大丈夫(笑)。ラモーンズより上手くなるのは簡単です。でもラモーンズよりカッコ良くなるのはとてつもなく大変です。バンドは上手ければいいってもんじゃないんですよ。
バンドスコア ラモーンズ・ベスト (バンド・スコア)


Bodies(Sex Pistols)収録アルバム「Never Mind The Bollocks」
(参考:http://youtu.be/78zsif0iz1s
パンクバンドをやろうという人で「Never Mind The Bollocks(勝手にしやがれ!!)」を持っていない人はいないと信じます。なので音源の入手はもうお済みですね(笑)。ピストルズは初心者でも演奏できそうな曲がいくつかありますが、ブレイク明けとかカッコいい見せ場のあるこの曲はオススメ度が高いです。
バンドスコア セックスピストルズ/勝手にしやがれ!! (バンド・スコア)


Get The Wow(少年ナイフ)収録アルバム「Let’s Knife」
(参考:http://youtu.be/POeDXdGfrcE
ガールズバンドはぜひカバーしてください。すごくいい曲です。演奏も簡単です。本人たちがこのファースト・アルバムの段階ではロック史に残るくらい下手くそですから。でも、下手だろうがなんだろうが、いいものはいいんです。バンドそのものの良し悪しと演奏力の良し悪しは別物ですよ。それにしても少年ナイフはいい!女性に生まれたかったです。少年ナイフをコピーするためだけに。


Riot Out(Skid Row)収録アルバム「Slave To The Grind」
(参考:http://youtu.be/5vO_8vflyQU
速い曲なので全員ヘトヘトになりますが、やってる事はそれほど難しくないです。間奏のギターソロがこれまた速いですが、こういうやかましい曲のギターソロは上手に弾けなければ適当にピキピキやっていればOKです。盛り上がる曲ですねえ。ぜひ演奏してください。
バンドスコア スキッドロウ/スレイブトゥザグラインド


Rockin’ All Over the World(Status Quo)収録アルバム「Rockin’ All Over the World」
http://youtu.be/jbhqaqAk7N8
コテコテのブギー・ロックでとても演奏していて気持ちのいい曲です。ポップでキャッチーですからライブ受けもいいんじゃないでしょうか。


タイムマシンにお願い(サディスティク・ミカ・バンド)収録アルバム「黒船」
間奏のギターソロに細かいフレーズが多いですが、そこはなんとか適当にごまかしてください。いかにもロックというアレンジで、本当に気持ちよく演奏できる曲ですよ。しかもライブでは大変な盛り上がりが期待できます。超オススメです。
バンドスコア タイムマシンにおねがい/サディスティック・ミカ・バンド(LBS776)[オンデマンド]


人にやさしく(THE BLUE HEARTS)収録アルバム「MEET THE BLUE HEARTS」
http://youtu.be/aM-7L7OMTM0
ブルーハーツも色々と初心者でも演奏できそうな曲が多そうですね。ライブでの盛り上がり具合と私の好みでこの曲をピックアップしてみましたけど、他の曲にもどんどん挑戦してみてくださいね。
バンドスコア ブルーハーツ スーパーベスト


ついでに、割と売れてると評判のバンドスコア本を4冊紹介しておきます。





関連記事:
バンド初心者におすすめの曲~まとめページ
バンド初心者におすすめの曲・その2
ドラム初心者におすすめの曲
初心者バンドにおすすめ、簡単な曲
ライブで盛り上がる曲~その1
ライブで盛り上がる曲~その2

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種