初心者だけどバンドやりたいトップ

ギターケースについて

ギターケース、ここでは持ち運びにつかうソフトケース(ギグバッグ)についてのお話です。

練習だライブだと楽器を持って出歩かないといけないのですが、これがなかなか重たくて難儀します。特にセミアコ系など大きなギターの場合は、ケース自体も大きいので必然的に重たくなってしまい大変です。ベースもギターより大きいのでこれまた大変ですね。

写真のケースを見てください。肩掛け(ストラップ)が1本だけついていますが、もう1本用意して2本つけてリュック状に背負うとラクです。下の方を見てみるとストラップを止める部品が2個ついているのがわかると思います。

写真のものの場合はストラップをもう1本入手しないといけませんが、元々2本ついていて、背負う事を前提にストラップ自体がクッション性が高くて太くなっているような気の利いたケースもあります。

とにかくいつも一緒に移動しなくてはいけないギターケースですから、できるだけ運搬がラクなものを選びたいものです。たまにハードケースをぶら下げて歩いている人も見ますが、たまげた体力だと感心します。(楽器にはハードケースの方が安全でベストには間違いありませんけどね)




バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種