初心者だけどバンドやりたいトップ

安くライブに出る方法

できれば安くライブに出たいですよね。ブッキングライブにしても企画ライブにしても、いわゆるライブハウスに出ると1バンドあたりノルマが何万円かかかりますから、メンバーの人数で割り勘してもそれなりの金額になりますよね。


安価にライブに出る方法としてはまずスタジオライブがあります。ちょっと広めのスタジオに観客を入れてのライブですが、スタジオ自体が出演バンドを募集している場合もあります。かかるお金は通常ライブよりかなり安いです。

また、スタジオに許可を取ってワンフロア借り切ってスタジオライブイベントを企画というパターンもあります。やった事はないのですが、観に行った事があります。ワンフロア3部屋しかないスタジオだったのですが、ひと部屋を楽屋に使って残り2部屋を交互に使って演奏していました。廊下で物販やドリンク販売を行なっていて、手作り感のあるイベントで面白いものでした。観客は床に座り込んで観る格好になるので、ちょっと疲れましたけどね。


さらに、世の中に山ほどあるライブバーの中にはタダ同然で出演させてくれるお店も数多くあります。それを利用してというか、たまたまですが毎週末にライブをやっていたなんていう経験もあります。

私が出ていたライブバーは、たいてい席は10~20くらい、狭い店だとそれ以下くらいの小さなお店が多かったです。出演するには誰かに紹介してもらってもいいですが、一番いいのは客としてマスターと馴染みになって、飲みながらの話で「バンドやってるんですけど出してくださいよ」と頼んじゃうというのがいいですね。

かかる費用はほとんど飲み代に毛が生えた程度のものという場合が多いです(マスターに確認してみてくださいね)。逆にお客さんを多く呼べたので少しお金をもらっちゃった事もあります。

そういうお店では、客の飛び入り演奏のオープンマイクを実施している場合が多いですから、ひとりで行っても気楽にセッションに参加してライブ度胸をつける事もできます。何よりも楽しいですからね。そうしてマスターやお店の常連さんと顔をつないで、気楽に演奏できるお店を作っておくといいです。


しかし、この方法はメタル系やパンク系のバンドにはあまり向かないですね。オールジャンルの店もありますけど、小さいライブバーにメタルやパンクのバンドというのはミスマッチですからね。例外もあるかもしませんけど、私の経験では見たことありません。


ちなみに、私が演奏したことのあるライブバーをいくつか紹介します。(無断でリンクしますので、もし問題があればご連絡くださいませ)

新宿・レノンハウス
大塚・バックビート
四谷・ソケースロック
船橋・サウサリート
御徒町・Saha
新橋・レッドペッパー

どのお店も本当に素敵なお店ばかりですし、マスターも暖かくてとても良い人揃いです(本当)。これらのお店のマスターの顔は、笑顔しか思い出せないくらいですから。




「変わり種ライブ」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種