初心者だけどバンドやりたいトップ

必要なものを揃える

バンド活動、音楽活動はお金がかかると言われますが、一旦楽器などを買ってしまえばあとは他のレジャーと比べて格安で楽しめます。まずはそのための投資です。自分のお財布事情に合わせて色々買い揃えていきましょう。


【ボーカルの人に必要なもの】
特に何もないです。買う必要があるとすればハーモニカやタンバリンなどをやる場合くらいですね。詳細は個別ページでおすすめ品など紹介します。


【ドラムの人に必要なもの】
必須なのはスティック(ばち)、チューニングキーです。ドラムセットなどは家に置いても叩いた時点で近所の人に大目玉を食らうでしょうしとりあえずこれだけでOK。また、オモチャの電子ドラムにペダルを2個つけると格安で練習用ドラムが手に入ります。ライブをやる段階になったらスネアドラム(いわゆる小太鼓)、ペダルが必要です。シンバルなど好みのものが出てきたら買ってもいいですね。詳細は個別ページでまた説明します。


【ベースの人に必要なもの】
ベースギターシールドチューナーピックなど小物が必要です。その他アタッチメントやアンプなどもあれば家でも音作りに慣れることができます。詳細は個別ページで説明します。


【ギターの人に必要なもの】
ベースとほぼ同じです。ギターシールドチューナー小物類が必要です。その他アタッチメントは欲しくなってから買えばいいです。アンプを家にも持っているとスタジオやライブで操作に戸惑わなくて済むようになりますが、日本の住宅事情では小さいもの(30ワット以下)のものでじゅうぶんです。大きいアンプを家で使うと、近所の人やお母さんに怒られることでしょう。詳細は個別ページで解説します。


【キーボードなどその他パートに必要なもの】
鍵盤の人はシンセ1台でいいのですが、だいたいはスピーカーを内蔵していないのでヘッドフォンがあるといいですね。詳細は個別ページで解説します。

その他特殊楽器(インド楽器、和楽器など)については、打楽器を除いてはバンドで演奏できるように、アンプに繋げるタイプのものを選ぶとか、改造する必要がある場合も。でもちょっとユニークな楽器を使うと目立ちますし面白いですよ。




各パート個別ページへ
「ボーカルの人が用意するもの」へ進む
「ドラムの人が用意するもの」へ進む
「ベースの人が用意するもの」へ進む
「ギターの人が用意するもの」へ進む
「おすすめキーボード」へ進む
「バンドで使える特殊楽器」へ進む

サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種