初心者だけどバンドやりたいトップ

スタジオセッティング

スタジオの正しい使い方、正しいセッティングについてのお話です。

ようやくバンドが集まりスタジオに入ってさあ練習だと盛り上がるところですが、スタジオ練習の前に必ず行うルーティンがあります。これは毎回の事なので習慣にしてしまいましょうね。


【楽器のチューニング】
まずは当然ですが、楽器のチューニングです。ギター・ベースなど音程のある楽器は、それぞれの楽器の中でも、楽器同士お互いでも合っていないといけません(当たり前ですね)。

ドラムも毎回自分の好みのピッチにチューニングするよう心がけましょう。ちなみにドラムのチューニングは、対角線のボルト同士を締めていきます。星マーク(★)を書くような順番で行います。

締め具合のチェックはボルトの近所を軽く叩いて鳴る音のピッチがバラバラにならないように、均等に合わせます。


【バランス調整】
全員の楽器の音、声がバランス良く聞こえるように調整します。

ついつい自分の音を聴きたくて大きくしてしまいがちですが、小さめから聴こえづらかったら少し大きくするという手順で調整するようにしましょう。

バンド演奏というのは、お互いの音をしっかり聴きながらというのが非常に大切な事です。この事は今後何度も、口を酸っぱくして言いますので肝に銘じてくださいね。

音量調整で聴きやすくならなかったら、アンプやモニタースピーカーの向きを変えてみてください。全員が全員の音をしっかり聴き分けられるように調整しましょう。

2人以上がマイクを使う場合は、当然ですがひとりひとり声のデカさが違うわけですから、それを補正するように調整しましょう。

※スタジオによっては音が回ってしまって聴きづらい場合があります。これは建物の問題で、あまりひどい場合はスタジオを変える事をお勧めします。今時のスタジオは十分に配慮されているところがほとんですが、たまにひどいスタジオがあるので注意しましょう。


【ハウリング対策】
私のバンドもそうですが、コーラスを多用するバンドなどでマイクを多く使う場合特に発生しやすいのがハウリングです。ちなみにバンド用語(?)でハウンリングが起こることを「ハウる」と言います。通っぽいので明日から使いましょう。

ハウリングというのは、朝礼の校長先生のお話の時に「みなさんお早うございまピィ~ヒュー!」というアレです。

ハウリングは簡単に言うと、スピーカーから出た音をマイクが拾い、マイクが拾ったという事はスピーカーから音がまた出てきて、その音をまたマイクが拾ってというループが原因になっています。フィードバックという現象です。

※ギターのフィードバックは意図的に効果として使いますね。

ですから、スピーカーとマイクが向かい合う、またはそれに近い方向になっているとハウりやすくなります。また、マイクのゲイン(入力レベル、Sence)が強すぎるとこれもまたハウる原因になります。

ハウりがあまりに強烈だと、機材を破損してしまう恐れもあります。ミキサーの音量は小さめからハウりがない事を確認しつつ徐々に上げていくようにしましょう。


これでセッティングはOKです。セッティングの目的は全員が全員の音をしっかり聴きながら演奏するためだと考えましょう。なぜそうする必要があるのか、それはその方が楽しいからです。その辺は追々説明します。




「いよいよバンド演奏!」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種