初心者だけどバンドやりたいトップ

貸しスタジオでの注意点

スタジオへ行くと壁や機材に張り紙があり、使用上の注意が細かく書いてある場合が多いです。万一機材を破損したりしたら大変ですからね。その注意を守っていれば概ね大丈夫ですがここでは念のため、予習の意味で気をつける事をチェックしてみます。


演奏中は扉開閉禁止
スタジオの扉は二重扉になっています。さらに扉にはゴッツいハンドルがついていますから、両方の扉をしっかりハンドルを下げて閉めて防音しないといけません。誰かが音を出している間は扉開閉厳禁です。近隣に住宅や会社などがある場合もありますから、スタジオやその周辺に多大な迷惑をかけることになりかねません。


アンプを飛ばしちゃったら大変!
ギターやベースのアンプはデリケートな機械です。雑に扱うと破損の恐れがあるので注意しましょう。正しくない使い方で破損してしまったら、最悪弁償となってしまいかねません。シールドの抜き差し、電源のオンオフの際にはツマミをゼロにしてください。そうしないと「ブツッ!」と大きな音がして、この瞬間運が悪いとアンプが飛んでしまいます。

真空管アンプの使用手順
マーシャルJCMなど真空管アンプは、必ず正しい手順で使用しましょう。

[電源を入れる]
1.ツマミを全部左一杯、ゼロにする
2.電源をオンにして2~3分待つ
3.スタンバイスイッチを入れる(電源、スタンバイの順番注意!)

[電源を落とす]
1.スタンバイスイッチをオフにして2~3分待つ
2.ツマミを全部左一杯、ゼロにする
3.電源スイッチを落とす

真空管アンプは熱を持ちます。温まった状態で衝撃を与えると非常に壊れやすいので注意してください。


ミキサーの取り扱い
ミキサーもアンプと同様、電源オンオフ、シールド抜き差しの際にはフェーダー(ボリューム)を下げてゼロにしてから行なってください。それを怠るとアンプと同様、ミキサーから繋がっているスピーカーやミキサー本体を破損する恐れがあります。


時間厳守
遅刻は料金を損するだけですが、練習終了時間の厳守に気をつけてください。次の時間のバンドに迷惑をかけます。

スタジオによっては予約時間終了の5分前終了などと決まっている場合もあります。時刻を気にして練習し、片付けの時間も逆算して余裕を持って上がれるように注意してください。オーバーしてしまうと最悪、料金がかかる場合もあります。


元に戻して帰る
スタジオの中にはマイクスタンドやドラムセット、アンプ、譜面台などが備え付けられています。練習が終わったら機材やシールドなど、スタジオ備え付けのものは全て元通りに戻して片付けて帰るようにしてください。


…と、こうしてあげていくと「スタジオって何か面倒くさいな」と感じる方もいるかもしれません。しかし、最初に書いた通り重要な注意点は張り紙がしてありますし、わからない事はスタッフさんに声をかければ教えてくれますから安心してください。

もちろんアンプの使い方がわからない、音が出ないなど困った事があった場合も気軽にスタッフさんに頼っちゃいましょう。わからないまま適当に使って機材を壊してしまったら大変ですしね。スタジオに初心者が来るなんてザラな事ですから、スタッフさんも慣れたもので快く対応してくれると思います。




「スタジオセッティング」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種