初心者だけどバンドやりたいトップ

貸しスタジオのシステム

貸しスタジオのシステムをあらかじめ予習して、予約や練習でとまどわないように…というお話です。


バンドを組んだら当然、全員で集まって練習します。回数で言えばライブなどよりも定期的な練習がバンド活動のメインとなります。ひとりでも演奏は楽しいですが、みんなで演奏するというのが本当に楽しいものです。


大金持ちで家に防音設備があるとか、タダで使える練習室があるなんて人は滅多にいないでしょうから、貸しスタジオを借りて練習することになります。


音楽練習スタジオはたくさんありますから、ネットで検索してメンバーの集まりやすい地域で探してみましょう。予約は電話で行う場合が多いです。1回の練習で2~3時間予約するのが一般的です。集中力、体力の面を考えてもそのくらいがいいとこだと思います。

また、人気のスタジオは早めに予約を取らないと部屋が埋まってしまいます。スケジュールは前倒しで組み、早め早めに予約しましょう。1週間前とかだと遅いです。できれば3週前くらいがいいですね。

料金はスタジオによってまちまちですが、大体1時間1,500円~3,000くらいで、その他オプションがあった場合(※)追加料金という感じです。※マイクの追加、アンプの追加、楽器を借りるなど


バンドを組んで初スタジオなんていう場合、ちょっと緊張するかもしれませんけど、最近は不景気でスタジオも大変なんでしょう。スタッフの対応も親切になりましたからその点安心です。


スタジオの使い心地(音が聴こえやすい、聴こえづらい、機材の良し悪しなど)は実際に行ってみないとわからない部分が多いです。使ってみた感触と料金、立地などを考慮に入れてお気に入りのスタジオを作ってしまうと楽です。というか自然と行きつけのスタジオは決まってきますけどね。




「貸スタジオでの注意点」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種