初心者だけどバンドやりたいトップ

各種バンド関連商品は安かろう悪かろう?

バンド活動という趣味自体は、他のレジャーに比べてあまりお金がかかるものではありません。ただし、楽器や機材などのバンド関連商品を買い揃えなくてはいけないので、初期投資は少しかかります。なるべく高級なものを揃えればそれに越した事はありませんが、そんなに大金をポンポン出せるくらいなら苦労しません。そもそもそういうお金持ちな人はこんな記事を読む必要はありません(笑)


バンド関連商品は安かろう悪かろうなのかどうか?その辺について私の考えを書いてみます。


結論から言ってしまえば、モノによるというのが実際のところなんです。それぞれのモノについて確認してみましょう。


【 楽器 】
楽器はある意味、お金で音の良さが買える部分があるので、こだわりたいなら無理してでもグレードの高いものを買いたいところです。しかし、初心者でこれから初めて演奏をするという段階であれば、何でもいいから買ってしまってとりあえず練習をスタートさせてしまった方が良いです。幸いに、最近の安い楽器、特にギターやベースはそれほど悪くないです。10,000円程度でまあまあの、まともに音が出るものが手に入りますからいい時代です。お金を貯めてる間に楽器に触れて練習した方がいいです。うまくなりながらお金を貯めて、いい楽器に買い換えればいいんです。

関連:ギター・ベース入門セットはおすすめか!?の検証


【 シールドなど小物類 】
シールド、ドラムスティック、ピックなどについては、消耗品的な部分もあるので、こだわり過ぎるとけっこう大変です。シールドについては、別項で触れていますが、私の考えではカナレ以上なら問題なしです。ここでこだわってしまうと無限地獄に陥るでしょう(笑)。スティックやピックなど、直接演奏に使うものに関しては自分の手との相性やフィーリングなので、ハッキリ言って値段なんてどうでもいいです。演奏しやすいもの、これに尽きます。安いものが手に馴染んだらラッキーですね。


【 チューナー、エフェクタ類 】
チューナーに関しては、普通に市販されているものであれば何でもいいです。高いものを使えば、少しチューニングがしやすくなるというだけです。安くあげたければ、クリップチューナーでじゅうぶんです。エフェクタ類はもう好みの世界なんで、試奏して気に入ればOKです。目ん玉飛び出るほど高いものがありますが、値段に見合った音が出せるかどうかは好み次第です。個人的におすすめしたいのは、お金がない人の味方のベリンガーのエフェクタです。激安でそこそこまともに鳴るのでコストパフォーマンスは抜群です。


【 アンプ 】
家にアンプがあると音作りに慣れる事ができるので、初心者の人にはとりあえず持っておいて欲しいところです。ただ、そんなにバカ高いアンプを持っていても、日本の住宅事情的には意味がないように思います。30ワットの小さいアンプですら、かなり音量を絞らないと家では鳴らせませんから。正直言って、ちっちゃいマーシャル(通称コマーシャル・MARSHALL MS-2 ミニアンプ)でじゅうぶんです。それから、アンプでの音作りに慣れた中級者以上の人は、ライブで持込みをしたいという人以外は家にはアンプは要らないと思っています。アンプよりも、どうせ買うならシミュレーターの方が楽しいかも!?


【 録音機材 】
ここ最近、恐ろしいほど値段が安くなっています。3万円あればものすごい事ができる機材が買えます。しかも、大抵はギターやベースのアンプシミュレータが内蔵されてるので、それだけでも楽しいです。少しでも興味があったら、思い切って買っちゃう事をオススメしたいです。宅録も楽しいですよ。

マルチトラックレコーダーとか、マルチトラッカーとか、MTRとか呼ばれているものです。


【 その他 】
最近、安くていいものが増えたなあと感じるのが、ダイナミックマイクです。私もCUSTOMTRY(カスタムトライ) ダイナミックマイク CM-2000という製品を買って、録音に使っていますが、ハッキリ言ってシュアの定番マイクと遜色ないです。しかも1,000円くらいですから、いったい何がどうなってこんなに安いのかと。それから、タンバリンやカウベルなどの小物パーカッション類もライブや録音に使いますが、高いものと安いものの違いがあまりわかんないです。ちなみに、こういう小物は楽器屋やネットで探すのもいいですが、案外リサイクルショップにポロっと安いのがあったりします。




バンドに関するお役立ち記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種