初心者だけどバンドやりたいトップ

メンバー募集をする

まずは具体的なメンバー探しの方法から紹介します。

●ネットで探す
with9-バンドメンバー募集検索エンジン
このサイトでOKです。募集・加入希望を書き込むには無料会員登録が必要ですが、ユーザーも多くとても探しやすいです。

●張り紙で探す

こういう張り紙を作ります。募集、加入希望など詳細を書いて下の方をハサミで切って短冊を作ります。そこへ連絡先を書いておいてスタジオやライブハウスの掲示板(だいたいあります)に頼んで貼ってもらうんです。

それを見た人が短冊部分をちぎって持って帰り、こちらに連絡が来るという流れです。これってバンドメンバー募集独特の文化です。多分全国共通です。


次にどんなバンドを組みたい?の項でも書きましたが、メンバー探しは大きく分けて3通りの方法があります。


1)自分以外のメンバーを募集する
2)他の人のメンバー募集に応募する
3)既存バンドに加入希望する


(with9の場合は、サイトのフォームに従って記入してください。張り紙の場合は以下に記入例を示しますので参考にしてください。)


1)の募集をかける方法は、自分のやりたい方向性でバンドを組めるというメリットがあります。この場合、自分のやりたい(できる)パートをハッキリして、他に何のパートで何人という形で募集をかけます。また、活動ペースや方針など与えられる情報は漏れ無く全て明記しておきます。また、既に自分ひとりではなくもうひとりくらいメンバーが決まっている場合も同じ方式で追加メンバーの募集をかけます。

張り紙記入例

ドラム募集、キーボード募集(各1名)
The Whoのカバーを中心にやりたいです。
~~市周辺で活動、練習月2回(土日)
ライブ年3回程度やりたいです
アマチュア志向、気軽に楽しみましょう
しかし、休日をバンド優先できる人。
年齢、性別不問。
好きなアーティスト:フー、キンクス、
ビートルズ、奥田民生…etc
まずはセッションから!

デメリットとしては、募集人数が多い場合は集まるまでにけっこう時間を食います。また、”自分以外全員募集”というパターンの場合は特に、あまりに我を通し過ぎないようにしましょう。ある程度条件に幅を持たせないと誰も応募してくれませんよ。


2)の応募する方法は、with9の場合も張り紙の場合も募集と全く逆で、自分の方が募集の中から良さそうなものを選んで連絡を取るだけです。募集をかけている方も加入者を求めているわけですから、簡単に決まりやすいのがメリットです。

だいたいの場合、とりあえず一緒にスタジオで演奏してみましょうという格好になると思います。その場で音楽性、人間性をお互い理解し合えるといいと思います。やるにせよ降りるにせよ早めに決めた方がいいですから、初対面の時になるべくコミュニケーションを多くとるようにしましょう。

応募のデメリットは必ずしも自分の理想に近いバンドとは限らないという事です。当たり前ですけどね。色々な条件について、どこまで妥協できてどこからは妥協できないかハッキリ意思を持って、伝える事は伝える事が大切です。


3)の加入希望方法の場合もこちらでwith9への書き込みや張り紙を貼る事をする必要があります。その際とにかく自分に関する情報妥協できる部分、できない部分をハッキリ詳細に伝える事がポイントです。

張り紙記入例

ベースで加入希望
大学生の男です。
日本のロック、又はオリジナルをやりたいです。
土日なら大体練習参加できます。
バンド初心者、ベース歴1年です。
ライブもやりたいと思います。
好きなアーティスト:村八分、Theピーズ、
ハイロウズ、人間椅子など
これ系の音楽性ではなくても歓迎します。
まずはセッションさせてくれませんか?

キチンと記入していればある程度自分のやりたい事に近い活動をしているバンドしかコンタクトを取って来ないでしょうから、やりたいことに近い事ができるというメリットがあります。

しかし現実的には、この形はなかなか加入できないです。加入者を求めているバンドは既に募集をかけている場合が多いでしょうから。ですから実際は募集に応募する事と並行してやるという方法ですね。


うまくメンバーが集まればいいのですが、なかなか上手くいかない場合も…次の項はそんな場合の対応方法を紹介します。




「バンドがなかなか決まらない」へ進む
サイトトップヘ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種