初心者だけどバンドやりたいトップ

スタジオ練習~ドラムを叩きました

スタジオ練習に行きましたが、実はドラマーが風邪で欠席だったので練習としてはそれといった意味のないものとなりました。でも音さえ出してればそれなりに楽しめるという事もあるので、意味はなくとも無駄ではありません。


新しく作った曲を欠席したドラマーに伝えるためにデモ音源的なものを録音するために(本来はギター担当ですが)ドラムを叩きました。しかしドラムの人はえらい。こんなにしんどい楽器は他にはありません。


思い起こせば10年以上前になりますが、実はドラマーとしてバンドに参加していた時期あります。何回かスタジオで練習したあたりでギターの人の会社が倒産、「故郷に帰ってやり直す」という言葉を残して彼は去って行きました。なんてせつない思い出なのでしょう。社会人バンドにはたまにある解散パターンです。


話がそれました。


今日はその音源の録音も収穫のひとつだったのですが、実はもうひとつ目的がありました。次回のライブで使うギターアンプの選定です。出演が決まっているライブハウスに置いてあるギターアンプのうちどれを使おうか考えており、「同じ機種を置いているスタジオで実際に音を鳴らしてみて決めようキャンペーン」を実施中だったのです。


ライブハウスにあるアンプ全機種を試してみた結果、フェンダー・ツインに決定致しました。好みは人それぞれなのでアンプによる良し悪しなんてものはどうとでも言えるのですが(個人的には真空管ならなんでもいいです)、とりあえず言う事聞くアンプだというのがポイントですね。ライブ演奏にはパニック状態やトラブルとつきもので、そんな時は簡単で言う事聞く機材が一番です。




バンド日記の記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種