初心者だけどバンドやりたいトップ

ダイレクトボックス(DI)って?

ダイレクトボックス(DI=ディーアイ)って?DI?ディーアイ?ダイレクトボックスだから”DB”じゃないの?そもそもそれ何?など疑問は尽きないところです。




とりあえずここでは私の入力が楽という理由で”DI”という呼称で統一します。ちなみにDirect Injectionの略なんだそうです。初めて知りました。ライブの時、ベースアンプに楽器を繋げようとしたらDIが刺さっていてアワワと混乱するなんていう初心者ライブあるあるネタは置いといて、あれって一体何なんでしょう。


この段階でことわっておきますが、知ってても知らなくてもいいお話です。キーボードやベース、エレアコなんかを使う時によく手元やアンプの上、足元に転がっていたりしますから、シールドをそこにブっ刺すとだけ覚えておけば事足ります。仕組みについては置いといて、ライブハウスでDIが置いてあったら楽器はDIに繋ぎましょう。ノイズが少なく高品質な音になるようになってるんです。


DIの目的はなんなんでしょうか。ベースもギターみたいにアンプにマイクを立ててPAに送るんじゃダメなの?キーボードだったら、長いシールドでPAに送るんじゃダメなの?という疑問が湧きます。私もそう思います。そこでDIというものを調べてみると…。


DIの目的はインピーダンス変換と不平衡→平衡信号への変換である。


益々わかりません(笑)。ベースの場合を例に簡単に言うと、ベース→PAミキサーに直結というのは本来できないらしいのです(詳しくは”ロー出し/ハイ受け”というキーワードで検索してみてください)。そこでベースの音声信号をPAミキサーに送る適正なものに変換してくれる機械…それがDIという事です。(ベースの音をギターと同じようにマイクを通してPAに送った場合、会場によっては問題ない場合もあるでしょうがボウボウとヘンな回り方をしてしまう場合が多々あるそうです。)「ダイレクトボックス」というくらいですから、楽器の音を直接PAに送るという感じです。


じゃあ、アンプで音をセッティングしてもDIを通すと意味がないの?…そんな事はないんだそうです。楽器の音(アンプから出る音)って、アンプが電子機械っぽいですから錯覚しがちですけど、アンプから鳴った音が楽器に共鳴(共振?)して成り立つものですからたとえDIを通してPAに送ってもちゃんとアンプのセッティングは意味があります。


DIに繋ごうが繋ぐまいが、ペースアンプからはセッティングした音がボーンと出るわけでその音と楽器本体の共鳴ひっくるめて”楽器の音”ですから、PAミキサーにはその”楽器の音”が送られるというわけです。


以上、別に知ってても大して役に立たない知識コーナーでした(笑)。




バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種