初心者だけどバンドやりたいトップ

スタジオ練習~ギターの音作りのお役立たない情報(笑)

スタジオ練習でしたけど、ベーシストが職業柄忙しい時期だったのでワンカケ、3人でした。ベースのいないロックバンドって、めんつゆの代わりに水をつけて食うソバみたいなものでどうにもシマりません。


それは置いといて、今回は日頃あまり使わないギターアンプに慣れるという個人的テーマを持って練習にのぞみました。MarshallのJCM-2000というアンプがその”日頃あまり使わないアンプ”です。非常にポピュラーなアンプでどこにでもありますけど、個人的には旧式のJCM-900の方が思い通り言う事聞くなあと感じています。具体的な2000の音作りに関しては”お役立たない情報”なので置いといて(というか、自分の中に特に書く事がないです)いつも心がけている音作りについてのお話を少し。


アンプに関しては前出のJCM-900が慣れてる分簡単に感じるので好みですが、実際のところ何でもいいです。店にあるアンプを使うだけです。ものっすごい細かいこだわりを持っている人もいると思いますしそれはそれで素晴らしいですが、私はなとなくイイ感じで鳴りさえすればいいです。そもそも、細かい音の違いなんてお客さんは聴いてないです。どっちかっていうと音量・音質で他のパートとのバランスを取る事しか考えてないくらいです。そもそもライブになったらだいたいPAを通しますし店の作りによって音の鳴り方も違いますから、スタジオで細心の注意を払って音作りしても…という気がしないでもないです。


ギターの音作りについて「おっ!ヌケがいいねぇ!」なんて言ったりして、それって褒め言葉という事になってますけど、上物(うわもの)のギターと言えども伴奏するのが仕事ですから、むしろヌケなくていいくらいだと思っています。むしろヌケてどうするんだくらいの。うまい事溶けこむ音作りこそ必要だと思っています。音作り全般について考える事は、ロックバンドで使う楽器ってキーボード以外はだいたい木で出来てる生っぽい(?)楽器ですから、セッティングも大事かもしれませんけど演奏のタッチの方がもっと大事なんじゃないでしょうか。


いやいや、アンプとかのセッティングに凝るのが無意味だとか悪いと言ってるわけじゃないです。それはそれで面白い作業ですし、キチンとやるに越したことはないです。単に私が面倒くさがりなだけです。




バンド日記の記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種