初心者だけどバンドやりたいトップ

オリジナル・バンドのカバー曲選定

スタジオで練習しました。


次のライブに向けてという事になってるのですが、なんせ16~17曲も演奏する事になっているので大変です。練習が月に1回しかありませんからどの曲も煮詰め方が甘いというか細かいところでキマってないところが多く、それをひとつひとつツブしていくという作業になります。


次回ライブの楽しみのひとつとして、カバー曲を取り上げようと思っています。まだ何の曲をやるのかは決まっていませんけど、現在その選定作業を楽しんでいる状況です。そして実は、オリジナル・バンドでカバー曲をやる場合の曲の選定はちょっと難しいんです。


カバー(コピー)バンドの場合は、ご贔屓アーティストの好きな曲、有名な曲を演奏すればOKなのですが、ことオリジナル・バンドとなると話をそう簡単ではなかったりします。


個人的にオリジナル・バンドがカバーをやる場合の選曲のポイントは、「ベタすぎない事」「適度な意外性」「バンドの色にマッチしている事」だと思います。もちろん、いい曲であるという事は大前提です。


ベタすぎないというのは、例えばビートルズの「レット・イット・ビー」やストーンズの「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」を演奏したとすると、オリジナル・バンドがわざわざそういう超有名曲を演奏しても何を今更という感じになってしまうという点があります。もしもカバーバンドだったら、観客もそのカバー元のアーティストが好きな人が集まりますから問題はないのですが…。

ですからビートルズだったらジョージ・ハリスンの「サヴォイ・トラッフル」あたり、ストーンズだったら「100年前」とかその辺の、そこまでの有名曲ではないものの曲自体に力があり、そのアーティストのファンの人からすると「おっ!なかなか通だね!」と思わせるくらいのところが丁度いいように思います。


適度の意外性というのは、ベタすぎないというところとカブる面もありますが、ロックバンドでその曲をやるか!という感じ…昭和の歌謡曲をやったり、ロックのスタンダードを大胆にアレンジしてカバーしてみたりとか。ただしこの辺はとてもセンスが問われる部分なので、簡単に手を出せないジレンマもあります。その分ハマると面白いですけどね。


バンドの色にマッチしているという部分は、曲そのものについての事でもありますし、アレンジについての事でもあります。あまりに意外性を狙いすぎてその1曲だけ突飛な感じがしてライブの中で浮いてしまうようでは困ります。逆に、あまりマッチしていない感じの楽曲をアレンジによってバンドの色に組み込んでしまうという楽しみもあります。


というように、曲の選定ひとつとっても面白いですね。




関連記事:Ibanez WD-7(ワウペダル)の紹介ページ

バンド日記の記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種