初心者だけどバンドやりたいトップ

ギブソン・レスポール(Gibson Les Paul)

ギブソン(Gibson)のレスポール(Les Paul)はフェンダーのストラトキャスターと人気を二分するソリッド・ギターの代表的モデルです。ソリッド・ギター(ボディが空洞ではなく詰まっているタイプ)の標準とも言える存在です。



アーチド・トップと呼ばれる丸く膨らみのあるボディ、二種類の材を組み合わせた構造、高出力でノイズの少ないP-490というハムバッカーのピックアップ搭載(※)という組み合わせによって得られる強く粘りのあるサウンドが特色です。ジャズからヘヴィ・メタルまであらゆるジャンルに万能の対応できるギターでもあります。
(※レスポールのバリエーションのレスポール・ジュニア、レスポール・スペシャルにはP-90というシングル・コイル・ピックアップが搭載されています)


クラシカルで個性的なルックスも人気が高くて実にカッコいいギターです(メイプルの縞の透け具合が美しいトラ目と呼ばれるタイプが特に人気)。反面、重たいボディやシングル・カッタウェイ(ネックのボディの継ぎ目の切れ込みが片方だけ)で上の方のフレットを押さえづらいという難点もあります。しかし、そんな弱点を補って余りある音色やシェイプの魅力を持った素晴らしいギターです。


ストラトキャスターのイメージが強いエリック・クラプトンですがかつてはレス・ポール奏者の代表選手で、彼によってロックギターとしてのレス・ポールが人気モデルとなったとも言われます。また70年代以降、ジミー・ペイジやマーク・ボランと言ったギターヒーローによって人気を不動のものにしました。


80年代以降はレス・ポールを使うギター・ヒーローが少なくなったのですが、ザック・ワイルドやスラッシュといったハード・ロックの人気ギタリストによって人気が再燃、近年日本では「けいおん」という漫画によって人気がより高まりましたね。


バリエーションとしてアーチド・トップではなく平面のボディを搭載してコストダウンした廉価版のレスポール・ジュニア、レスポール・スペシャルがありますが、これはこれでどことなく愛嬌のあるルックスで人気があります。


本家ギブソンのレスポールシリーズは高価なのですが、関連メーカーのエピフォンやオービルから廉価版のレスポールが出されていて、それなりに高品質なレスポールタイプのギターも手頃な価格で手に入れる事ができます。また超人気ギターのレスポールですから、その形状や特徴を模したコピーモデルが数多く販売されています。近頃のコピーモデルはあまりにひどいような物は少ないですから、ドンズバのレスポールを買う費用がない人はまず最初の一本として安価なレスポールモデルというのもオススメです。

PLAYTECH エレキギター レスポールタイプ LP400 Lemon Burst
PLAYTECH エレキギター LP400 CHERRY SUNBURST
Maison エレキギター レスポールタイプ LP-31 /3TS(9707001683)
Maison エレキギター レスポールタイプ P-90タイプピックアップ搭載 LPS-35P 単品 /GD(9707007303)
東海 レスポールタイプ・エレキギター(チェリーサンバースト)TOKAI TRADITIONALシリーズ ALS48/CS ALS48-CS (TOKAI)
Photo Genic 【人気のレスポールモデル】エレキギター入門セット【LP-280/WH】 12点
Photo Genic 【鳴りが違う!!】 根強く人気の高いレスポールモデル エレキギター入門セット【LP-250/BS】 12点
Photo Genic 【レフトハンド用】人気のレスポールモデル エレキギター入門セット【LP-290LH/CS】 12点
Photo Genic 【綺麗なトラ目が特徴のレスポールモデル】エレキギター入門セット【LP-350/BS】 12点
Maison 左利き用エレキギター レスポールタイプ LP-38LH 初心者入門13点セット /ブラック(9707001821)


レスポールを愛用するギタリスト
ジミー・ペイジ、奥田民生、レスリー・ウェスト、デュアン・オールマン、ピーター・グリーン、ミック・ロンソン、ロバート・フリップ、マーク・ボラン、ミック・テイラー、ジョー・ペリー、スティーヴ・ハケット、ポール・コゾフ、ジェームス・ウィリアムソン、ゲイリー・ムーア、アンディ・パートリッジ、マイク・オールドフィールド、白井良明、森園勝敏、キース・レヴィン、松本孝弘、秋山徹次、スラッシュ、中林キララ、ゲイリー・リクラス、ザック・ワイルド、森純太




関連記事:
ギターの人が用意するもの

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種