初心者だけどバンドやりたいトップ

ギター上達に適した初心者練習曲

ギター上達のコツは?…運指をトレーニングする、スケールを覚えるとか色々言われますけど、楽しく練習するのが一番!ですから、ウチのサイトではとにかく曲を弾いて遊ぶという事を強くおすすめします。地味な基礎練習も大事かもしれませんけど、面白いと思えなければ効果は薄いんじゃないかと。怒られちゃいますかね、こんな事言ったら。


そんなわけで、今回はギター初心者が上達するのに適した曲をピックアップしてみました。コピーして楽しく演奏して、「おっ!CDで聴いた音っぽい感じだ!気持ちいい!オレってカッコいい!」という感動を味わう事を目的としてやってみましょう。何曲も弾くうちに、初心者じゃなくなってますよ。


ユニコーンの「服部」を弾く!
参考:http://youtu.be/uUR32PGs34w

この曲は簡単なので、とりあえずイントロ部分をマスターして民生やテッシーになりきって悦に浸ってみましょう。イントロのカッコいいリフはこんな感じです。

(クリックで別窓拡大)
ユニコーン服部Tab譜

赤い印のところはブリッジミュートでゴンゴン!とやってください。その後、弦をいっぺんに3本押さえるのが大変な人は3弦と4弦だけで2弦を省略してもそれなりに聴こえます。ブツブツのブツ切れにならないように流れるように弾けるようになるとカッコいいですよ。

それから、このリフに入る直前、1,2,3,4の4のところで6弦でブィーンとやるとカッコいいです。やり方は、6弦の1フレットあたりを押さえて弦を弾いてその直後に、1フレットあたりの左手を思いっきりネックの根元の方まで滑らせてまた1フレットあたりまで戻すだけです。ブィーンゴンゴンデレデドレロ…という風にするんです。

その後のリフはこんな感じです。前半部分のTab譜でも後半部分のTab譜でもどっちでもいいです。やりやすい方、又は自分好みの響きが出るほうでいいです。後半の方、弦3本がきつい人は上のTab譜の場合と同様に2弦省略でもいいです。ギターが2人いるバンドの場合は、2人でこの2つを分けあって弾いてもいいですね。

(クリックで別窓拡大)
ユニコーン服部Tab譜2

バンドスコア ユニコーン/服部


Wild Flower(The Cult)を弾く!
参考:http://youtu.be/uglWPbQHEco

声を大にして言いたい事があります。全ての初心者ロックギタリストに、カルトの「エレクトリック」をおすすめした~い!!ロックギターの教科書みたいなアルバムなんです。その1曲目のワイルド・フラワーを弾いてみましょう。PVでは世にもカッコいいホワイト・ファルコンが見目麗しいですけど、こういうサウンドなんでどんなギターでもとりあえず感じは出ます。エフェクタよりアンプで歪ませた方が感じですかね。

Aメロのリフから、初心者にはちょっと耳コピーしづらいっぽいのでTab譜を。これって、私が昔からこの曲はこう弾いてるというのをTab譜におこしただけなんで、本物通り合ってるかは知らんです。でも、運指も楽だし(多分)鳴ってる音は合ってます。開放を上手いこと使うのがポイントです。

(クリックで別窓拡大)
The Cult Wild Flower Tab譜

Bメロのところは原曲だとブリッジミュートでゴンゴンゴン…と刻む音が入っています。ギターが2本いるバンドならもう一人に担当してもらえばいいですが、1本の場合でもブリッジミュートとリフ弾きを上手いこと交互にやれば感じは出ます。(それはちょっと初心者にはきついかな…)サビもこのTab譜に載ってる運指だけで乗り切れます。順序がズレてるだけですね。この曲は出てくるパーツが少ないので、ギターソロさえ弾ければもう1曲フルに弾けちゃいますね。

さて、この「エレクトリック」ですけど、このWild Flowerだけじゃなくて、「King Contorary Man」「Born To Be Wild」など簡単でギター上達にピッタリな曲が盛りだくさんの名盤なんです。私の個人的好みですけど、ロック史上に残る名盤だと思います。世間の評価が低すぎるんです(笑)。

ザ・カルト/エレクトリック (バンド・スコア)


Roll Over Beethoven(The Beatles)を弾く!
参考:http://youtu.be/e4-16zxVMw0

このいかにもチャック・ベリーなイントロのフレーズをこの際ですからマスターしちゃいましょう。ちょっと速いフレーズなので慣れが必要かもしれませんね。ポイントはジョージ・ハリスンによるセンス抜群のスライドとプリング・オフです。

(クリックで別窓拡大)
Roll Over Beethoven Beatles Tab譜

まず最初の音から早速スライドして入ります。Tab譜では「10-11」となっていますがピッキングするのは10のところだけで、左手をスライドして11に上げるという事です。そして2弦、1弦と駆け上がってまたスライドでピィリリピィリリ…と弾きます。

そして今度は1弦、2弦を連続で「13-10」とプリング・オフです。プリング・オフというのは、13を押さえてピッキングして、10に下がるところではピッキングしません。13を押さえた左手の指を弦に引っ掛けるようにハジいて放して音を出す奏法です。その際、あらかじめ10を押さえておくので鳴る音としてはピッキング1回で「13-10」と下がるようになるわけです。(わかりましたか?)

そして3弦「12-10」(ここはプリング・オフでも両方ピッキングしてもどっちでもいいです)の後、ちょっと忙しいですが一気に6フレットまで下がって、2,3,4弦3本同時にスライドでギュアンギュアン…とやります。ここ、カッコいいです。10フレットから一気に下がりますから、慣れるまではなかなか命中しません(笑)けど、それほど難しくはないです。

鬼門となるのはリズムに乗せる事ですね。速い分エッチラオッチラになってしまわないよう気をつけたいところです。ちなみにこれ系のフレーズはチャック・ベリーの曲には山ほど出てきてどれも似たようなものですから、これをマスターすれば1000曲と言われる(笑)チャック・ベリーの曲の大半をマスターした事になります。ならないか。

バンドスコア ビートルズ/ウィズザビートルズ (バンド・スコア)


さてどうでしょう。3曲ともいい感じに鳴らす事ができましたか?どうしもてTab譜通りにできない!という人は、自分なりに簡略化してみてもいいです。自分で考えて簡略化して演奏してみるという事は、それ自体も上達と言えます。広い意味ではアレンジ力とも言えますからね。こうして、自分の好きな色んな曲をどんどん楽しんで演奏すると上手くなります。上達への早道です。フルコーラス弾けなくても、今回のようにカッコいいなと思う部分だけでも弾いて、それらしい音が出た!と感じられればもう既に半歩前進ですよ。

こういう引き出しをどんどん増やしていくと、ある時「あ、こんな感じの演奏は前に別の曲で経験した事があるゾ!」となるわけです。また、曲を聴くだけで「あ、あの曲のあの弾き方と似てる!」なんて感じる事も出てきます。そうこうするうちに色々な曲、フレーズ、奏法を自分のものにできちゃうっていう寸法です。ホント、楽器って楽しいです!




関連記事:
ギター超初心者講座
ギターテクニック~初心者でも知ってるだけですぐできる!
ギター初心者練習曲~有名曲のリフを弾いて楽しむ
バンド初心者におすすめの曲~まとめページ

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種