初心者だけどバンドやりたいトップ

ギター、ベースのチューニング方法

初心者でもギター、ベースのチューニングは上級者と同様に、ばっちり決めましょうね。やり方を説明します。


チューニング方法にはピッチパイプ、音叉などを使い基準の音を聴いて合わせる方法、弦同士で合わせる方法、チューナーを使う方法がありますが、とにもかくにもチューナーを買いましょう。チューナー以外の方法は後々でいいです。

左のやつは定番中の定番、BOSSのクロマチック・チューナー(半音上げ下げにも対応)です。メーターが針式&補助としてランプがついていてとても見やすく使いやすいオススメ品です。右のものは安価なチューナーとして定番のKORGのチューナーです。針のないランプ式です。

最初は右側のもののような超安価なものでもいいです。なんせ激安ですから気に入らなくても買い換えればいいだけですしね。ちなみにこの激安チューナーでもチューニングの信頼性は変わりません。


チューニング手順の前に、ギター、ベースの基本(標準)チューニングについて押さえておきます。弦の名称は細い方から1弦、2弦、3弦…と呼びます。つまりギターの一番太い弦は6弦です(6弦ギターの場合)。

▼ギター
1弦 E / 2弦 B / 3弦 G / 4弦 D / 5弦 A / 6弦 E
▼ベース
1弦 G / 2弦 D / 3弦 A / 4弦 E

ちなみにEとかBとかは音階につけられた呼び名で、ドレミを通っぽく呼ぶ言い方です。CDEFGAB=ドレミファソラシです。


【チューナーを使ったチューニングの手順】

ここではギターについて説明します。ベースの場合は、6弦=4弦、5弦=3弦、4弦=2弦、3弦=1弦として考えれば全く同じ手順ですから、ベースについて個別には説明しません。

●まずはチューナーに楽器を接続します。ギターのジャックとチューナーのINPUTをシールドで接続します。弦をはじいてもチューナーが反応しない場合、ギターの音量が上がっていない、ピックアップセレクターが音量ゼロにしてあるピックアップ側になってるというケースがチューニングあるあるネタです。

●チューナーの機種によりますが、オートモードが選択できる機種の場合はオートにします。できない機種の場合は、まずは6弦のEを合わせる状態にセットします。(ボタンを押すと6弦E→5弦A→4弦D…と切り替わっていくなど、機種によりセット方法は色々です)

●ギターの6弦を弾いて音を出します。この時、あまりギョーンと強くはじかないようにしましょう。強くはじくと音程が不安定になるんです。普通にはじくのではなく、ハーモニクスを出すと完全に安定した音が出ますからオススメです。

※ハーモニクスの出し方
左手でフレットの真上にごく軽く触れ、弦をはじくと同時(又はホンのちょっと遅れて)にフレット上の弦を離すとポーンというハーモニクスが出ます。ハーモニクスは左手を触れる位置によって出やすいところ、出にくいところがあり、出る音程も違います。チューニングの場合は5フレット(実音の2オクターブ上が出る)、又は12フレット(実音の1オクターブ上が出る)で出します。

●チューナーの表示を読みます。針やランプが中央で安定しているかどうかを確認します。

左から、低すぎる・合ってる・高すぎる状態です。針やランプをよく見てペグを回し、ジャスト真ん中に合わせます。ここで注意することは、ペグを最後に回すのは上げる向き(締める向き)にすることです。つまり、低すぎ→ジャストの場合はそれでOKですが、高すぎの場合は、高すぎ→あえて一旦低くする→ジャストという手順にするという事です。こうするとその後狂いにくくなります。

●5弦~1弦も同様に合わせていきます。1弦まで終わったら、もう一度6弦からやり直します。これは、5~1弦の張力の変化によってバランスが狂い、6弦がまたジャストからズレてしまう場合が多いからです。全部の弦がジャストになるまでこれを繰り返します。


これでチューナーを使ったチューニングの手順は終わりです。注意する事は、弦交換をした直後は弦が馴染んでいない(伸びていない)ためにチューニングが狂いやすいです。それを防止するためには弦交換をしたら12フレット付近(ちょうど弦の中央付近)を持って弦をグイグイ引っ張り、弦を馴染ませてしまう事です。


【その他のチューニング手順】

ピッチパイプを使う場合は、笛が6個ついていますから吹いた音を聴いてその音に6弦~1弦を順に合わせていきます。音叉の場合はAの音が出ますから、音と5弦を合わせて、その音を基準に他の弦を合わせていきます。

“他の弦を基準に~”の手順はこのようにします。

6弦5フレット=5弦開放
5弦5フレット=4弦開放
4弦5フレット=3弦開放
3弦4フレット=2弦開放
2弦5フレット=1弦開放

また、ハーモニクスを使って
6弦7フレット=5弦5フレット
5弦7フレット=4弦5フレット
4弦7フレット=3弦5フレット
3弦9フレット=2弦5フレット
2弦7スレット=1弦5フレット

※ハーモニクスの3弦9フレットは出にくいですけど慣れてください。

ちなみに、他の弦を基準にする方法はまず5弦のAを何らかの方法で合わせる事がスタート地点です。チューニングが済んだバンドメンバーにAの音を出してもらってもいいし(”Aちょうだい!”って言うと通っぽいです)、鍵盤楽器でAの音を出してもいいです。

それから、2本の弦を一緒に鳴らして合わせるわけですが、歪みを強くすると音も伸びるし、ズレている場合音の干渉が起こって「ピヨヨヨヨ~ン」という鳴り方をするのでわかりやすくなります。合っている場合、「ツー」とまるでひとつの音のように聞こえます。


楽器のチューニングは、楽器の中で合ってないといけませんし、メンバー同士(楽器同士)でも合ってないといけません。バンド活動、殊にロックは自由ですが、ことチューニングに関してはそういうロック精神は不要です(笑)。




関連記事:ギター、ベースのオクターブチューニング方法

バンドに関するお役立ち記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種