初心者だけどバンドやりたいトップ

おすすめキーボード

定番キーボードとかシンセサイザーをネットで調べようとしても、Q&Aサイトなどで「自分の好みの音で選べば良い」などという回答が多いですね。だから、何ひとつわかんないんだから!それじゃ困る!という人も多いことでしょう。


KORGのTRITON(トライトン、テクノ系の人に人気とか…)とか、YAMAHAのMOTIF(モチーフ、生ピアノなど生楽器の音がキレイと評判)あたりの機種が定番として知られています。また、ちょっと費用が高くつきますが最近では音源にソフトシンセを使うのが人気のようです。


キーボードには残念ながら詳しくないのですが、知り合いのキーボード奏者に取材などしておすすめ機種を探ってみました。画像つきで紹介しているサイトへのリンクを張りますのででぜひ参考にしてください。

キーボードを担当する人の悩みの種が重たくて大きくて運ぶのが大変ということですね。ということでおすすめの軽量キーボードを紹介しているページを紹介します。

http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/kbd_ks-catalog/index.html

そして上のページでも多く紹介されていますが、RolandのJUNOシリーズKORG(コルグ)のM50シリーズなどは定番として人気が高いようです。

お金に余裕があれば、こちらのページに載っているようなちょっと高級なものも検討してみるといいです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductGuide.asp?CategoryCd=430


さて、実際にバントをやってよく使う音というのを考えてみましょう。音楽ジャンルによりますが、生ピアノサウンドエレクトリックピアノ(エレピ)サウンドオルガンストリングス(いかにもシンセ風のストリングスと、生バイオリンのような音のストリングス両方)というのがよく使う音でしょう。

ということはこれらの音色に自分好みのものがプリセットされている機種が使い勝手が良いですね。あらかじめ機種のアタリをつけておいて、お店で良く使いそうな音を聴いてチェックするというのがスムースです。


余談ですが、80年代くらいに流行ったショルダー・キーボードのタイプは個人的好みにもよりますが、とりあえず今のトレンドとしてはダサイという事になっていますので覚えておきましょう(笑)。




「ライブin自分ち」へ進む
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種