初心者だけどバンドやりたいトップ

ギター超初心者講座

ギター超初心者の方の超を取って初心者入門していただくための手引きです。難しい事はおいといて、まずは1曲弾けるようになりましょうね。


押さえ方の基本の基本
(右利きの場合の)左手の押さえ方の基本はなるべく指を立ててフレットに近い部分を押さえるという事です。フレットから遠いと音が安定しなくなります。これは弦を1本だけ押さえる場合でもコードなどでまとめてたくさん押さえる場合でも同じです。

ギターの押さえ方


曲で練習
左手の指の動かし方とか、右手の動かし方などを、例えばドレミファソラシドを弾いて練習というもの結構ですが、つまんないと思うんでせっかくなんで曲を弾いちゃいましょう。曲は著作権云々の問題もありますので、パブリックドメインの童謡「富士の山」でいきます。

エエー!ロックンロールじゃないの?と思うかもしれませんが、誰でも知ってる曲だし簡単に弾けるので今回はとにかくコレで。
http://youtu.be/yQKg7T_nBc0


「富士の山」に出てくるコード
コードをジャラジャラ弾いて弾き語りという感じでいきます。別に実際に歌わなくてもいいですけどその場合頭の中にメロディを思い浮かべながら弾いてください。その前に出てくるコードを確認しておきましょう。

※│と│の間が4分の4拍子の一小節(4拍)だと思ってください。

│C│C│G7│G7│ …あーたまをーくーもーのー うーえにーだーしー
│C│F│G7│C│ …しーほうの やーまーをー みーおろーしーてー
│G7│C│F│C│ …かーみなーりーさーまーをー しーたにーきーくー
│F│C A7│Dm7 G7│C│ …ふーじーはーにーっぽん いーちーのーやまー

さて、出てきたコードはC G7 F A7 Dm7の5個です。押さえ方はこうです。

コードの押さえ方

今回は超初心者講座なので画像を用意しましたけど、今後はhttp://www.ady.co.jp/song-chord/chorditiran.htmこの辺のサイトでコードを調べてくださいね。ちなみにDm7の6弦は×がしてあるので鳴らさないようにして弾きます。

さて、Fが出てきますねー。人差し指で1フレットを全部押さえて、3弦は中指、4弦は小指、5弦は薬指です。Fが壁になってしまう人は多いと思いますが、このページの下の方を見てください。Fが押さえられない人のための裏技、「大人のF」の解説があります。

(右が大人のF)
大人のF


右手のストローク
さて、コードの押さえ方の画像と場合によっては大人のFを駆使して左手はオッケーとなりました。今度は右手です。「ジャンジャカ~ンジャカジャ」というパターンで弾いてみましょう。

右手を上下に振ってピックで弦を弾くんですが、腕を下に振りながら弾き下ろす場合はピックの角度を上向き、下から上げて弾く場合はピックの角度を下向き気味にするとスムースに弦をこする(?)事ができます。逆にそうしないと引っかかってしまいますからね。極端に言うとこんな感じです。

ギターのストローク

手首をやわらかく使うのがポイントです。

という事を踏まえて「ジャンジャカ~ンジャカジャ」のストロークの仕方ですが、右手は一定のテンポで上下上下と振り、空振りを入れる位置でジャンジャカ~ンジャカジャにしたりジャカジャ~ジャカ~ジャにしたりと変化をつける事ができるのです。

さて、「ジャンジャカ~ンジャカジャ」の場合ですが、青が実際に弦に充てる(弾く)部分赤が空振りとすると、
↓↑↑↓↑

という具合です。これはこうでなくちゃいけない!という事はないです。歌のメロディを邪魔しない事だけは気にした方がいいですが、基本的には自分の弾きやすい手癖で弾いちゃって構いません。


実践
じゃあここでもう1回コード進行表を…。早速弾いてみてください。

│C│C│G7│G7│ …あーたまをーくーもーのー うーえにーだーしー
│C│F│G7│C│ …しーほうの やーまーをー みーおろーしーてー
│G7│C│F│C│ …かーみなーりーさーまーをー しーたにーきーくー
│F│C A7│Dm7 G7│C│ …ふーじーはーにーっぽん いーちーのーやまー

コードを変えるところがスムースにいかないと苦労してる人は、コードの変わり目は左手は置いといて、右手のジャンジャカだけはシッカリ弾く事を意識してください。

そして左手は変わり目の一瞬だけ手を全部離してしまって、全て開放で弾いちゃってもそんなにヘンにはならないです。邪道かもしれませんけど、それらしく聴こえちゃえばこっちのモンですよ。ジャンジャカが途切れさえしなければそれなりに聴こえちゃうもんです。ギターはそういう誤魔化しが効くパートとも言えます。


“超”は取れましたか?取れたらバンドやりましょう!
さて、曲によって難度はそれぞれですけど基本的にはこんな工程を踏んで好きな曲をジャンジャカとやって遊ぶ事で超初心者の超が取れます。このページを参考にして、コード進行表を手に入れたり、バンドスコアを見たりしてコードさえ調べればジャカジャカできますもんね。


好きな曲が一応自分の手によって奏でられるわけですから、それだけで結構楽しくなってくるもんです。そして私としては、その楽しくなったレベルくらいでもうバンドを組んじゃっていいと思います。一応ジャカジャカできればバンドでもある程度形になります。上達するまで待ってたらもったいないですよ。




関連記事:
ギターテクニック~初心者でも知ってるだけですぐできる!
ギター初心者練習曲~有名曲のリフを弾いて楽しむ
ギター上達に適した初心者練習曲
ギターの人が用意するもの
どんなバンドを組みたい?

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種