初心者だけどバンドやりたいトップ

ドラム超初心者講座

ドラム超初心者から超を取って初心者入門していただくのが目的のコーナーです。

私はギターが専門なので、知り合いのドラマーに取材して超を取るポイントを聞いてきました。細かい事をつらつら書いても読む気がしないと思うので大雑把ですがとにかく第一歩ですからね。もうそんな事は知ってるよ!という人はスルーして結構です。


スティックの持ち方
スティックの持ち方持ち方にはマッチドグリップレギュラーグリップがあります。マッチド~は要するにグワシと掴む持ち方、レギュラーは人差し指と親指の間に挟むジャズっぽい雰囲気の持ち方です。今回はマッチドグリップでいきましょう。理由は深く考えないでいいです。こっちの方が簡単だからです。

さて、マッチドグリップにおけるスティックの振り方にも種類があって、親指を上にして振る方法と(右手の場合)親指を左側にして振る(手の平を真下に向ける)方法です。さて、どっちがいいのでしょうか。それは自分の手に聞いてみてください。やりやすい方ならどっちでもいいです。


スティックの振り方
スティックの振り方スネアドラムを叩くつもりで、スティックを持った手を振り下ろしてみましょう。その際手首を使う事が大事です。腕でガっと振り下ろすのではなく、手首のスナップで遠心力を感じつつ振る感じで。

もう一つ重要な事はスティックをガッチガチに握ってしまわない事です。振り上がった状態ではゆる~くやさしく握ります。親指と人差し指だけで持つような感じで。そして振り下ろして打面に当たる直前にグっと握ることによってスティックの先が下に下がって打面に当たる…という具合です。実際にスティックを手に持ってやってみてくださいね。


ハイハットの叩き方
ハイハットは細かく刻む場合も多いですから、力を入れすぎると疲れてしょうがないです。特に速い刻みの場合は軽~く、スティックをシンバルの上に乗せる感じで手首をやわらかく使って叩くといいです。

また、スティックの先っぽの丸いとこを使ってシンバルの上部を叩く(チッチと固い音)叩き方と、スティックの途中を使ってシンバルのフチを叩く(じゃ~んと元気な音)叩き方があります。これはどっちがいいというのではなく、欲しい音によって使い分けるものです。


バスドラムの踏み方
バスドラムというかペダルの踏み方ですね。ペダルは足(靴)の指の付け根で踏みます。足首を動かして踏むんじゃなくて、ももから持ち上げて真っ直ぐ下ろすように踏みます。スネアドラムと逆ですね。

また、トトンと速いフレーズの時ペダルの若干手前から最初の一発を踏み、その足をすべらせるというかバウンドさせるように前へトットッと下ろすんです。高度なテクニックっぽいですけど、トトンとやるだけだったら案外簡単です。それをリズムに乗せるよう訓練しましょうね。

ひどい図ですけど青いところがペダル、赤いのが足の動きと思ってください。
速いフレーズのバスドラムの踏み方


クラッシュシンバルの叩き方
これはバンドスコアなどのドラム譜を見ればわかると思いますけど、特にロックバンドの演奏においてはクラッシュシンバルを単体で叩く事はほとんどないです。大抵の場合バスドラムと一緒にジャーンとやります。バスドラムをいれないとパァ~ンと間抜けな感じになりますから。バスドラムじゃなくてスネアと一緒というパターンもあります。

また、クラッシュシンバルを連続で叩く場合は左右のクラッシュを両手で交互に叩くようにするとアクション的にロックっぽい見栄えになります。ドラムは動きの大きい楽器ですから、余裕がでてきたら見栄えも意識するとカッコよくなるかも!?


さて、超は取れましたか?物足りないと感じた方は既に超が取れてますからその調子で楽しんでください。もし一人でも役立ったという方がいたら嬉しいですね。




関連記事:
ドラムの人が用意するもの
ドラム初心者におすすめの曲
ドラム初心者のためのちょっとした知識

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。




・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】


人気のレスポールタイプのエントリーモデル。

希望する職種