初心者だけどバンドやりたいトップ

初心者バンドにおすすめ、簡単な曲

バンドでやるのに簡単な曲を11曲ピックアップしてみました。初心者バンドの人はどんどん挑戦してレパートリーを増やしてくださいね。簡単なだけでは面白くないので、ライブで盛り上がる曲を集めてみました。


Sushi Bar(少年ナイフ)
(参考:http://youtu.be/q4zGqEjiiAo
ガールズ・バンドはぜひコピーしてください。とてもかわいい曲です。ちなみに少年ナイフのライブでは「最初にすしバー4回、真ん中で2回、最後に4回です。たまに真ん中で4回言っちゃう人がいますけどOKです。それもグルーヴです。」という「すしバー」の大合唱を観客にお願いするくだりがお約束になっています。そういうのも取り入れてみると楽しいライブになりそうですね。盛り上がりますよ。


グライダー(The ピーズ)
(参考:http://youtu.be/wW_M5EKZwtM
いい曲ですねー。ゆっくり目なので演奏が忙しくないので簡単だと思います。一音一音味わいながら気持よく演奏したいですね。


Please Mister Postman(The Beatles)
(参考:http://youtu.be/cAa8s0yxf0c
演奏的には平坦なエイトビートですし、コーラスのハモリも音程が取りやすいです。それに出てくるパーツが少なくて同じ事の繰り返しなので簡単ですね。コーラスとメインボーカルの掛け合いですから曲は観客も一緒に盛り上がってくれやすいです。
バンドスコア ビートルズ/ウィズザビートルズ (バンド・スコア)


Bathroom Wall(Faster Pussycat)
(参考:http://youtu.be/RsjR8ynnIz8
ギターの人はちょっと忙しいかもです。でも見せ場が多くてかっこいいですよ。スリーコードのロックンロールなのですが、こういう曲は人間のDNAにノりたくなるようなプログラムがなされているのです。


C’mon And Love Me(Kiss)
(参考:http://youtu.be/xS9YuOVt8wc
ハードロック定番曲ですね。ミドルテンポで演奏しやすいと思いますし、邦題を「激しい愛を」というくらいですからアツい曲ですね。キメるとこキメて、情熱的な演奏を!ちなみに西城秀樹のアレとは関係ありませんよ。
バンドスコア キッス ベスト (バンド・スコア)


恋のローラースケート(すかんち)
すかんちの曲はけっこう難しい曲が多かったりするのですが、コレは簡単な部類です。簡単ですけど、イントロからブレイクの連続なので息を合わせてバラバラにならないように気をつけて演奏しましょうね。
すかんち BEST (バンド・スコア)


Enter Sandman(Metallica)
(参考:http://youtu.be/uY3LAFJbKyY
メタリカはスラッシュメタルバンドなので激しくて忙しい曲が多いのですが、コレはゆっくりなので落ち着いて演奏しましょう。とは言ってもテンポはそのままで徐々に激しくなりますから、気持ちを盛り上げていきましょうね。それからゆっくりな曲でも音ひとつひとつは力強く演奏するのがポイントです。
バンドスコア メタリカ METALLICA


Sway(The Rolling Stones)
(参考:http://youtu.be/4azW-ICtju8
ゆっくり目なので一音一音どっしりと演奏しましょう。そしてものすごくアツい曲なので、心を込めて自分たちが一番盛り上がるくらいでちょうどいいです。ギターやピアノなど細かいフレーズがちょこちょこ出てきますが、完全いコピーする必要は全くないです。その辺は余裕が出てきたらでじゅうぶんです。それよりもノって演奏する事が最優先ですよ。
バンドスコア ローリングストーンズ/ステッキーフィンガーズ (バンド・スコア)


ロケットに乗って(トライセラトップス)
(参考:http://youtu.be/n-4VNrTDjD4
イントロはギターにフランジャーというエフェクタをかけるとそっくりな効果が出ます。ミドルテンポで初心者バンドでもしっかり練習すればかないいい感じになるんじゃないでしょうか。トライセラトップスの特長ですが、ギターリフが完成度が高くてカッコいいので、ギターの人はしっかりコピーしましょうね。
バンドスコア TRICERATOPS/BEST COLLECTION (バンド・スコア)


アザラシ(スターリン)
(参考;http://youtu.be/ymoSxlnjdxc
スターリンは簡単な曲が多いと思いますが、コレは簡単さというより曲自体の攻撃性が高くて盛り上がりやすいのでピックアップしました。テンポもそれほど速すぎないので慌てずにしっかり演奏しましょう。


野ばら(奥田民生)
(参考:http://youtu.be/gruUraD77FE

原曲はギターが複数本入っていて、イントロのちょっとお洒落なフレーズが印象的です。でもギター1本でもそれなりに雰囲気出せると思いますよ。間奏のスライドギターも簡単ですから、ぜひ挑戦してみてください。ハッタリ効きますよー。スライドギターを弾くにはボトルネックバーという道具を使います。単なる金属製の筒でしかないんですが、これを右手の小指にはめて弦をこすりながら弾くとウニュィ~ンと音がつながったまま音程を移動できるんです。
バンドスコア 奥田民生 NEW BEST (バンド・スコア)


さて、「簡単な曲」として曲をどんどん紹介しました。しかしちょっとバンドをかじった人から「簡単な曲などない!」とツッコミが入るもしばしばです。つまり楽譜上は簡単でも、ノリを出すのが大変とか簡単そうに見えてグルーヴ感が…とか。

ですけどね、そんな事言ってたら何もできませんよ!とにかく色んな曲をどんどん数多くやる事が特に初心者バンドには大切ですよ。レパートリーが増えると楽しいですしね。上手になるまで待ってるんじゃなくて、たくさん曲を演奏すれば楽しく上達できるんですから、いい事ばっかりです。




関連記事:
バンド初心者におすすめの曲~まとめページ
バンド初心者におすすめの曲
バンド初心者におすすめの曲・その2
ドラム初心者におすすめの曲
ライブで盛り上がる曲~その1
ライブで盛り上がる曲~その2

バンドに関するtips記事一覧
サイトトップへ戻る


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

※スマホ閲覧の方は、一番下のモバイルテーマをタップするとPC/モバイル表示の切り替えができます。






・ メニュー ・
■サイトトップ
■管理者プロフィール
■お問い合わせ
■リンク
■バンド活動日記
■バンド用語辞典
■バンドお役立ち情報
■全記事一覧


・ コンテンツメニュー ・
▼まずは一人で演奏
好きな音楽をやってみたい!
この楽器をやりたい!
必要なものを揃える
ボーカルの人が用意するもの
ドラムの人が用意するもの
ベースの人が用意するもの
ギターの人が用意するもの
おすすめキーボード
バンドで使える特殊楽器
ライブin自分ち

▼バンドを組む方法
どんなバンドを組みたい?
メンバー募集をする
バンドがなかなか決まらない
メンバー探し(番外編)

▼バンド練習の進め方
貸しスタジオのシステム
貸しスタジオでの注意点
スタジオセッティング
いよいよバンド演奏!
楽曲のコピー
レパートリーを増やす
練習を充実させる
メンバー間の連絡
簡易譜面の作成

▼ライブに出る
ライブの一日の流れ
ブッキングライブ
企画ライブ
安くライブに出る方法
変わり種ライブ

▼自前レコーディング
自前でCDづくり
ドラムの録音
ベース、ギターなどの録音
ボーカルの録音
CDの完成!





8チャンネル同時録音、16トラック、PCのオーディオインターフェースとしても使えます。信じられないくらいの低価格です。


とにかく使いやすい!足を乗せるとスイッチON、離すとスイッチOFFの自動ON/OFF機能、音質調整も可能。光学式なのでノイズの心配もないワウペダルです。【 試聴 】

場所を取らない電子ドラムです。ペダルを2個つければ簡易的なドラム練習マシンとして使えます。

希望する職種